2010年 04月 27日

【TVM】ヘニング・マンケルのスリラー、TVMに


スウェーデンのYellow Birdがヘニング・マンケル(Henning Mankell)のスリラー「The Man From Beijing」(原題は「Kinesen」じゃないかと思うんですが、違うかな?)を2パート、1パート90分で映像化する模様。

監督は「刑事マルティン・ベック」のピーター・ケグレヴィック、撮影はオーストリア、台湾、独で行われる予定。
独出身のSuzanne von Borsody、TV版「ミレニアム」のミカエル役Mikael Nyqvistが出演。

原作 The Man from Beijing Henning Mankell (著), Laurie Thompson (翻訳)  Knopf; 1版
 
[PR]

by hamchu | 2010-04-27 16:01 | TV・ニュース | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/10501932
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 土筆 at 2010-04-28 21:56 x
いつも素早い情報で楽しませていただいてます。ヘニング・マンケルがスリラーを書くとは思えないんだけど、これはクルト・ ヴァランダー警部のシリーズではないってことかしら?思いがけなくミスチャンでロルフ・ラッセゴードがヴァランダーをやったTVシリーズが放映されたんですよ。イメージぴったりで感激でした。「ミレニアム」はTV版もミカエル・ニクヴィスト(歓びを歌にのせて)なんですか?だったらそれも観たい!映画もミカエル・ニクヴィストでちょっと太ってましたよ。
Commented by hamchu at 2010-04-29 10:08
こんにちは!携帯からのコメント送信です。
あいやー、いろいろやっちゃってる(コピーミス、文章・単語抜け、俳優さん日本語になってない)感じなんですが(テレビ版・ミレニアムじゃなく、テレビ版・刑事マルティン・ベック?)、実はノートン更新したらパソコン超重いしメールは送信できないし受信は時間かかるしエラーするし、大変なことになっておりまして…
なんとか復旧させてコメント書き込みしたいと思いますんで宜しくお願いします。
Commented by hamchu at 2010-04-29 10:20
わたし、携帯で文章打つのすごく遅くて前のやつも消してしまいそうになって慌てて送信しました。これも打っている途中で消してしまったし…
あまりの遅さに焦れちゃうんです。
だから携帯でツイッターなんて絶対ムリですな
Commented by hamchu at 2010-04-29 14:54
こんにちは!
パソコン、重いのはメチャクチャ重いんですが、マウスを取り替えたら少しは操作性がよくなりました(下のちびがこのところマウスを引っ張りまして、外の線も中の銅線も切れちゃった。動きが悪いんでスクロールがうまくいかず…重いのでタブも極力閉じていたらいろいろ失敗…)。

というわけで…
TV版の記載は前述のとおり、「刑事マルティン・ベック」につけようと思っていたと思われるのですが、「ミレニアム」の前に…(これは私のミス)
また、彼の名前が英語のままなのはメモ帳に下書きするときに、まず元記事から名前をコピーして置いておき、そのあと日本語に直すという作業をしているため(自分で書くとお名前を間違えるのですよ~ 笑)。データベースサイトから日本語をコピーして貼り付けるのですがハイ、しっかり残っていました(さっき見たらほかの記事も英語のままの俳優さんがいっぱいでした…)。
そして、上の本ですが、そう、クルト・ ヴァランダー警部のシリーズではないようです(このあたりについて書いた最後の文は欠落。何年にオンエア予定とかいう文章があったと思う)。
Commented by hamchu at 2010-04-29 14:54
つづき
でもって、スリラー、と書いたのは元記事(これはVarietyですね)にそう書いてあったから(笑 いつものようにいつものごとく他力本願)。
ストーリー的には…スリラーといっていいか、どうでしょうか?(はやく日本語で出てほしいですね)

ロルフ・ラッセゴード=ヴァランダーについてはいろいろ書きたいこともあるのですが(ほかにもいろいろ原作ありの面白いドラマやってますし)、やっぱりパソコンが重くて全然検索できず(今、変換も妙~に時間がかかってます)。

しかし、ただで最新版になるから、という画面に導かれ?ノートン、新しいのにしたらヒドイことになっちゃいました…ただ期間更新しとけばよかったなあ。いまさらなんですが。
それに記事アップしたら内容をきちんと確認しないといけませんねー(「ベロニカは死ぬことにした」もずーっとミスったまま放置してたし…)ホント、すみません。
Commented by チェシャ猫 at 2010-04-30 10:43 x
お疲れさまです(微笑)。エドワード・ノートンは曲者です、ご用心を!
Commented by hamchu at 2010-05-01 10:02
時間設定を変えてメール受信のエラーは減ったんですが(それでも受信し始めるまでに10分以上かかるけど! 笑)、シマンテックにメールしてみたら「サポートはチャットで…」みたいな感じで(GW、ちょろちょろ子供がうろうろしてるのにチャットなんて無理だって)どうにもなりませぬ。こういうときに限ってニュースがあったりするのである。はい、いつものパターンですね。
エドワード・ノートン、というといまだに一番に「真実の行方」が浮かんじゃうんですが(原作あるし!)あのキャラはホント曲者?(笑)
ちなみにリチャード・ギアっていうと「愛と青春の旅立ち」と「アメリカン・ジゴロ」です(古い…古すぎ…)。
Commented by 土筆 at 2010-05-01 19:20 x
わぉフォロー恐縮です。ミカエルについては了解ですわん。ともかくミレニアム2作目は劇場で予告編がみられたから上陸はありそうだと楽しみ。で、2作目がくるなら3作目がこない筈はない!!TV版は、ミスチャンに頑張っていただくしかないかな?で、ヘニング・マンケルですが、そういえば前作もシリーズではなかったでした。これもTVならやっぱミスチャン?ロルフ・ラッセゴード=ヴァランダーについては是非書いてくださいませ〜。あたしは「真実の行方」つーとやっぱエドエドはイメージ違うと思ってしまいます。もっと華奢な印象だったの読んだ時。ノートンについて・・原則チャットなんですが、そのチャットもどきでねばると電話がかかってきますよ。ちゃんと親切してくれるので諦めちゃ駄目ですよん。
Commented by チェシャ猫 at 2010-05-02 11:01 x
土筆さま
GAGAは「ミレニアム」3部作を一括購入していますので、ぜんぶ配給される見込みですよ♪
Commented by hamchu at 2010-05-04 15:49
レジスタを削除したりハードディスクを整理したりしているうちにまただいぶよくなりました(バージョンアップ以前くらいまで 笑)。とはいえもううちのパソさまはメモリが足りないのは明らかなのでこれ以上は望むべくもないかな…
個人的な計画では口述試験まで今のままだましだましもたせて(あと半年くらい?)、実務研修時に買い換えようというつもりなんですが…(勉強モードに入った今日この頃、そんなのばっかりが楽しみです 笑)
電話!うちではパソコン、リモコン、米びつ等とともに危険アイテムだったり(3歳児+1歳児が出たがる、通話中騒ぐ、変なところにかけちゃう)。そういえば、以前何度もアクティブ化を要求され、とうとうできなくなっちゃったときはサポートに電話したような。あれっていつだったかなあ。それ以外は目だってトラブルもなかったんですが…ノートン。

「ミレニアム」の次(とその次)はいつ公開されるんでしょうか。一気見のイベントとかないんですかね~
Commented by チェシャ猫 at 2010-05-05 13:44 x
管理人さま
お疲れさまです~。「ミレニアム3部作」はDVDセットで一気観を、とのことです(嘘)。
Commented by hamchu at 2010-05-05 14:44
レジスタ=レジストリだし、レジスタ削除してどうしますか!(コメント欄は修正できないし、あら、恥ずかしい~)

DVDセット、特典は何でしょうか!(あとあとプレミアつくかなあ)
Commented by チェシャ猫 at 2010-05-06 01:54 x
管理人さま
特典はきっと、アメリカ版リメイク作品の予告編です(笑)。
Commented by hamchu at 2010-05-06 08:16
ブルーレイのほうには作者の生前の秘蔵映像がありますかね?(笑)
しかし~アメリカ版リメイクはホントにブラピなの?


<< 【BBC】ミッシェル・フェイバ...      イタリア映画祭2010 原作あ... >>