2010年 04月 28日

【BBC】ミッシェル・フェイバーの「天使の渇き」、ドラマ化へ


19世紀末、ロンドン。
シュガーは下級娼婦でありながら高い知性の持ち主で、自身も小説を書いている。彼女は資産家ウィリアム・ラッカムに見初められ、邸宅をあてがわれた。愛人としてだけではなく、ビジネスの相談もできるパートナーとして接してくれるウィリアムにシュガーは次第に情を移していく。精神を病んで奇行を繰り返す妻。母親にまったくかまってもらえない娘。聖職者を志しながら煩悩に悩む兄…
華やかな社交界と、混乱に満ちた貧民街とを行きつ戻りつしながら、それぞれの人物が絡み合う。絢爛なヴィクトリア時代を舞台とした世紀末ロンドンの光と影。

BBCがミッシェル・フェイバー(Michel Faber)のベストセラー「天使の渇き(The Crimson Petal & The White)」を4パートのミニシリーズに映像化する模様!

Lucinda Coxonが脚色、「キングダム・ソルジャーズ -砂漠の敵- 」のマーク・ミュンデンが監督。
Origin Picturesのデヴィッド・トンプソンが製作総指揮。

ミッシェル・フェイバーの作品だと「アンダー・ザ・スキン」あたりに映画化の話がありましたよね。
この「天使の渇き」にも映画化の話題もあったような…(なーんか書いたような気がしますよ、昔。今回はBBCですからね、確実に作ってまいりますね)

原作:天使の渇き ミッシェル フェイバー (著),  アーティストハウスパブリッシャーズ
 
[PR]

by hamchu | 2010-04-28 09:10 | TV・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/10506737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2010-04-30 22:07 x
↑微妙にお題とかぶっているスパムですね(笑)。
Commented by hamchu at 2010-05-01 10:08
危ない?んで削除してしまいましたが、いいなあ、すごい内定(←コラコラ)。私も荒稼ぎしたい!(合法的に)


<< 映画化予定 ノーと私、僕とカミ...      【TVM】ヘニング・マンケルの... >>