2010年 05月 04日

映画化予定 ノーと私、僕とカミンスキー…


欧州のほうで何作か原作ありの企画がありましたので、少し古い記事なのですがメモしておきたいと思います。

ホームレスの少女「No」と、飛び級で高校に通う13の「私」。ひとりぼっちで、いつもみんなの輪の外側にはみ出していた私は、ノーといるときだけ世界にくっついていられた。かけがえのない存在、「いつもいっしょ」のふたり。けれど、ひとつの季節が終わる頃、私の中のなにかが変わっていった…

ザブー・ブライトマンが監督・出演するベストセラー「ノーと私(No and Me)」映画版は11年初期に仏で公開予定。

原作はデルフィーヌ・ドゥ・ヴィガン(Delphine de Vigan)の同名小説。
「ダニエラという女」のベルナール・カンパン、Julie Marie-Carpentierが出演。

原作 ノーと私 デルフィーヌ・ドゥ ヴィガン (著), 日本放送出版協会


Valerie ZenattiのYA小説「A Bottle in the Gaza Sea」を映画化するのはHiner Saleem。

TS Productionsが製作、アガト・ボニゼール、「扉をたたく人」のヒアム・アッバスが出演。

原作 A Bottle in the Gaza Sea Valerie Zenatti (著), Adriana Hunter (翻訳)  Bloomsbury USA; Us and Us.版


ダニエル・ケールマン(Daniel Kehlmann)の2作品にも映画化予定あり。
まず、昨年の独ベストセラー「Ruhm」は9月の撮影開始予定。
監督はIsabel Kleefeld、出演は「トンネル」のハイノ・フェルヒ、センタ・バーガーだそうです。

原作 Ruhm Daniel Kehlmann (著)  Rowohlt Verlag Gmbh

もう1作は日本でも翻訳が話題になった「僕とカミンスキー 盲目の老画家との奇妙な旅」の映画版。

芸術家への道に挫折した美術ライターと、盲目の老画家で〈マティスの弟子〉カミンスキー。老画家の若き日の恋人を訪ねる二人旅のなかで、突然襲いかかる様々な事件と、そこに芽生える奇妙な友情。強欲でエゴイストなライターは、自分こそが老画家を巧みに利用しているつもりであったが…

こちらは「グッバイ、レーニン!」のヴォルフガング・ベッカーが監督・脚本、ダニエル・ブリュールが出演。

原作 僕とカミンスキー 盲目の老画家との奇妙な旅 ダニエル・ケールマン (著),  三修社; 初版
 
[PR]

by hamchu | 2010-05-04 16:19 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/10546636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2011-02-06 13:10
「僕とカミンスキー」はTVMっぽいんですね。


<< 【Trailer】The Am...      【BBC】ミッシェル・フェイバ... >>