2010年 05月 06日

【映画】スピルバーグ、次は「War Horse」を監督へ


DreamWorks が権利を取得していたマイケル・モーパーゴ(Michael Morpurgo)の小説「War Horse」をスティーヴン・スピルバーグが監督する模様(おや~ご自分で!)。

脚本は「リトル・ダンサー」のリー・ホール、製作はスピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル、Revel Guest。

すでに公開予定は11年の8月10日に設定。
ということは「The Adventures of Tintin: The Secret of the Unicorn 」の公開(11年12月23日)より早いのかしら?

【関連】
映画原作関連ニュース War Horse、The Help、Gil's All Fright Diner 09年12月15日

原作 War Horse  Michael Morpurgo (著)  Egmont Books Ltd
 
[PR]

by hamchu | 2010-05-06 11:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/10559082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2010-05-06 19:58 x
「タンタンの冒険1」は「アバター」と同じCG加工+3D処理をするため、ポスト・プロダクションに2年近くかかるそうで、ライブ作品の「ウォー・ホース」のほうが先になりますね。
ただ、「タンタンの冒険1」は北米以外は2011年秋先行公開になるという説があるので、日本では同時期になるかも。
Commented by hamchu at 2010-05-07 08:06
来年はスピルバーグがいっぱい見れる?ということですかね。
「タンタンの冒険」も好きなほうなんですが、こっちのほうが若干私向きかな~?この本は特にストーリーにビビっときまして…(ただの馬好きともいう)

馬の映画といえば「セクレタリアト」(ボールドルーラー系! 笑)の映画も来るし、馬映画流行るとうれしいかな。
Commented by チェシャ猫 at 2010-05-11 20:31 x
ヘッジファンド、インドのメディア大手、そして、ディズニーから出資してもらったかわりに、今年からは毎年、かなりまとまった本数の売れ筋映画を供給しなければならなくなったので、スピルバーグ自身も必死ですよ。
トム・ハンクス主演によるHarvey のリメイクが頓挫したのは残念だったけど、いまの時代にあれをやってもしょうがないかもしれませんよね。
動物系映画は、企画がどんどん出てきてます。でも、War Horse の原作、しぶいっすよ~。中学校の歴史の教科書みたい。話は良いんですけど。
Commented by hamchu at 2010-05-12 13:21
「War Horse」、真面目でカタイ私(←大嘘 笑)にはまさにピッタリですね!

動物系映画、どんなのがくるでしょうか。
私が特に好きなのは馬(それも青毛のやつ。だから「セクレタリアト」や「シービスケット」はあまり好みではないのである)、シェパード、猫科の大型獣(できればライオン除く)なんですが…(誰も私の動物の好みなんて聞いてないって)
Commented by チェシャ猫 at 2010-06-17 21:54 x
War Horse 、先月、版権の競りがあって、日本のどこぞの出版社が大枚はたいて買っていったそうです。

農家の少年が大切にしていた馬が、第一次世界大戦中にイギリス軍将校に買い上げられ、転々とした運命をたどっていく物語で、渋いけれど良い話です。一緒に買い上げられた仲間の黒馬のキャラクターが、味があっていいんですよ~。
Commented by hamchu at 2010-06-21 07:25
キャスティングのニュースも出始めましたが、はやく日本語で読みたいなあ(スピルバーグ効果さまさま?)。
おっ、よさげなキャラが黒馬!これでシェパードも出てれば完璧?


<< 【映画】「プレシャス」の製作者...      【Trailer】The Am... >>