2010年 06月 02日

未公開作品 DVD スティーブン・キング ドランのキャデラック Dolan's Cadillac


スティーブン・キング ドランのキャデラック Dolan's Cadillac 09年英・米
監督:ジェフ・ビーズリー
脚本:リチャード・ドーリング
製作総指揮:ケヴィン・デウォルト 、 ロバート・ヴェーロ
音楽:ジェームズ・マーク・スチュワート
撮影:ジェラルド・パッカー
DVD:スティーブン・キング ドランのキャデラック SHOCHIKU Co.,Ltd.
原作:ドランのキャデラック スティーヴン キング / / 文藝春秋
出演:クリスチャン・スレイター、ウェス・ベントリー 、エマニュエル・ヴォージエ、グレッグ・ブリック、 エイダン・ディヴァイン、アル・サピエンザ
ストーリー
トム・ロビンソンは、温和で善良な教師。彼の妻エリザベスは、ある日、偶然に殺人の現場を目撃する。犯人は、ラス・ヴェガスの冷酷なギャングのボス、ジェームズ・ドランだった。エリザベスはFBIからの身辺保護を条件に、ドランを告発する証言を行なうことに同意する。しかし、ドランの魔手は警護の隙をついて、エリザベスを死に至らしめてしまう。
ロビンソンは、ドランを裁判にかけるために手を尽くすが、確かな証拠がないため成功しない。打ちひしがれるロビンソンのもとへ、死んだ妻の“幻影”が訪れ始める。「監視すること。機会を待つこと。そして、絶対に殺すこと―」。エリザベスが語りかける言葉に背を押されるように、ロビンソンは復讐の計画に身を投じていく―。

【関連】
【映画】スティーヴン・キングの「ドランのキャデラック」映画化、デニス・ホッパーが出演? 07年2月13日
【映画】クリスチャン・スレーター、「ドランのキャデラック」に出演 08年4月25日

原作 おもな登場人物
わたし ロビンソン (ウェス・ベントリー)
ドラン (クリスチャン・スレイター)
エリザベス (エマニュエル・ヴォージエ)
ティンカー(ティンク) (Eugene Clark)
ハーベイ・ブロッカー
 
[PR]

by hamchu | 2010-06-02 07:29 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/10732086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】アダム・シャンクマンと...      【映画】バー・スティアーズが「... >>