2010年 06月 25日

【映画】児童書「100の扉」が映画化へ?


12歳の少年ヘンリーは、おじさんの家族と暮らすために、カンザス州の田舎町にやって来ました。なれない屋根裏部屋でうとうとするヘンリー。そのとき、頭の上でかべをたたく音がしました。怖がりのヘンリーは、気になずなんとか眠ろうとします。ところが次に、かべのかけらが頭の上に落ちてきたのです。かべがくずれ始めた!?思わず起き上がって壁を見たヘンリーの目に飛び込んで来たのは、壁からつき出たダイアル。そしてそれは、ゆっくりと回り始めたのです…。

Beloved PicturesはN.D. ウィルソン (N. D. Wilson)の児童書3部作「100 Cupboards」、「Dandelion Fire 」、「The Chestnut King」(邦題は「100の扉」)の映画化権を取得した模様。

BelovedのMichael Ludlum、Caleb Applegate、ウィルソンのエージェントAaron Renchが製作。

原作 100の扉 1 N.D. ウィルソン (著)  小学館
 
[PR]

by hamchu | 2010-06-25 16:55 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/10871478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 全米映画興行収入 10年6月2...      映画原作関連ニュース On G... >>