2004年 10月 06日

【Trailer】原作はサマセット・モームの「劇場」 「Being Julia」

ハンガリー出身イシュトヴァン・サボー監督の新作はサマセット・モームの「劇場」の映画化、アネット・ベニング主演の「Being Julia
1930年代終わりのロンドンを舞台に、恋の愚かさと復讐を描く愉快な物語です。
Sony Pictures Classics : Being Julia

大女優ジュリアが恋に落ちるのは年の離れたアメリカ人青年トム。しかし、トムの本心が別のところにあると気づいたジュリアは報復の計画を巡らす…

大女優に扮するアネット・ベニングはもちろん、いかにもの英国紳士ジェレミー・アイアンズもいい感じで、ショーン・エヴァンズマイケル・ガンボンブルース・グリーンウッドジュリエット・スティーヴンソンが共演。

アネット・ベニングはこの作品でアカデミー賞ノミネート確実?となかなか前評判も高い様子。非常に英国的な映画ながら、予告を見るとなんとなくハンガリーっぽくもあるようで(撮影監督はラホス・コルタイ)、なかなか期待の作品か(ただのハンガリー好き)。
10月15日、米限定公開予定。
[PR]

by hamchu | 2004-10-06 13:35 | Trailer・HP | Trackback(2) | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/1133806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 映画・読書日記 at 2004-11-13 04:22
タイトル : Being Julia (2004)   邦題不明
【Trailer】原作はサマセット・モームの「劇場」 「Being Julia」 1930年代ロンドン。年配大女優ジュリア(アネット・ベニング)は、アメリカ人青年トムに言い寄られ、年甲斐もないような恋に落ちる。しかしやがて、野心的な若い女優とトムとの関係(および、同じ若い女優と自分の夫との関係)を知ったジュリアは……。 トロント国際映画祭で初上映となった後、今住んでいる所でもかかるようになったので、映画館鑑賞しました。 復讐劇というと恐いですが、コメディです。ジュリアに「演技指導」す...... more
Tracked from 不動前Labs at 2007-01-10 00:22
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
人間が輝くっていうのは、こういうことなんだ!!! ジュリア役のアネット・ベニング...... more
Commented by hamchu at 2006-12-27 16:23
「華麗なる恋の舞台で」のタイトルでお正月第二弾ロードショー予定。原作の「劇場」も復刊予定。


<< 【映画・TVM】チャック・パラ...      【映画】「スピード」のヤン・デ... >>