2010年 10月 23日

【映画】スティーヴン・スピルバーグ、「Robopocalypse」を監督へ


スティーヴン・スピルバーグが11年6月に刊行予定のDaniel H. Wilsonの小説「Robopocalypse」を自身で監督することになったようです。

「クローバーフィールド/HAKAISHA」のドリュー・ゴダードが脚色、2012年1月から撮影、13年に公開予定。

Daniel H. Wilsonの本ってこれまでも権利は売れているみたいなんですけどね…(このブログでも何回か扱った覚えあり?)これが一番早く実現しそうな感じですな。

原作 Robopocalypse: A Novel Daniel H. Wilson(著)  Doubleday
 
[PR]

by hamchu | 2010-10-23 12:38 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(19)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/11464204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2010-10-23 17:34 x
 噂をすれば影ですよ(ちがう・汗)。
http://io9.com/5671203/a-robot-uprising-comedy-from-jack-black-and-the-director-of-hot-tub-time-machine
Commented by hamchu at 2010-10-25 16:00
ああっ、これはマイク・マイヤースがどうの、とかいってたやつ!
何だかんだいって今後ロボット、流行るんですかねえ。
Commented by チェシャ猫 at 2010-10-26 21:57 x
来年の「トランスフォーマー3D」や Real Steel の結果しだいでしょうけど、かなり企画が林立しそうですね。なんにせよ先行しているDreamWorks が有利かな。
Commented by hamchu at 2011-12-13 07:03
これは角川さんから。隠し玉ならず大玉だそうです。
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-13 20:14 x
スピルバーグは来年前半に吸血鬼ハンターじゃないほうの『リンカーン』を撮って(笑)、来年末ぐらいからこれの製作の見こみらしいです。ロボットものの大作企画、やはり各社から出てきていますね。楽しみ♪
Commented by hamchu at 2011-12-14 22:27
歴史にロボ、ガンガンいってもらいたいものです。
吸血鬼ハンターじゃないほうの「リンカーン」、原作はまた登場人物が多いという…(笑)
吸血鬼ハンターのほうのリンカーンは日本公開はどないでしょうか?
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-16 21:12 x
まだ日本の配給は決まっていませんが、ティム・バートン製作の吸血鬼ハンターものなので、ギャガあたりが買うとは思います。ただ、製作費がかなり高いので、再来年まで待つんじゃないかしらん。
それと、スピルバーグがリンカーンの撮影を今月から始めたみたいですね。
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-16 21:14 x
ドリュー・ゴダードの初監督作品The Cabin in the Woods の予告編、めちゃおもしろそうですよね♪ 日本でやってくれるかしらん。
Commented by hamchu at 2011-12-17 14:11
吸血鬼ハンター・リンカーン、うちの近所の映画館でやるかしら…(今度ホーム映画館徒歩1分くらいのところに越す予定なのです←今は徒歩15分くらい 笑)

「The Cabin in the Woods」、はじめは「キャビン・フィーバー」な感じなのかと思ったら大幅に違うという(笑)。あれはなんなんですか~!!!(いろいろ気になるよ~)
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-18 00:14 x
細かい説明をしておくと、吸血鬼ハンター・リンカーンは20世紀フォックスやサミットなど複数の映画会社の共同製作で、北米はフォックス配給。それ以外の国では、ばら売りのようです。
日本で劇場公開するときは、それなりの規模になると思いますよ~。
「The Cabin in the Woods」は、たぶんいかれた科学者が、各種ホラー映画的な仕掛けのある仮想空間箱庭世界を構築して、そこにモルモットどもを誘いこんで慰みものにしている、という設定ではないかと。イギリスの中堅幻想作家、ティム・レボンによるノベライズも楽しみ。
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-19 14:20 x
「吸血鬼ハンター・リンカーン」は日本でもフォックス配給に決まったもよう。秋かな。
Commented by hamchu at 2011-12-21 20:36
秋かあ。秋にはだいぶ暇になっているはず?(来年からは下のちびっこもいよいよ幼稚園に通うのです。ふふふ、映画見放題? 笑)

ティム・レボンさん、なんか書いたような覚えがあるようなないような…(あとで探してみよう)
このごろノヴェライズってすごい大作は除いてなかなか日本語になりませんよね。気に入った映画のノヴェライズを何度も読み返してニヤニヤしていた時代が懐かしいわ~(キャラに恋しちゃってたんですね 笑)
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-22 00:31 x
ぼくも秋には時間の余裕がほしいです~!(笑) ティム・レボンさんは、映画化の話がいろいろある作家さんで、ジャック・ロンドンが主人公の幻想冒険小説、というと思い出すかな。こちらをご覧ください。 http://www.timlebbon.net/films/

来年の映画のノベライズというと、Battleship、MIB3D、Dark Knight Rises、Avengers、あたりは予定が出ていますね。日米同時公開が多いので、間に合わないから日本で出せないものも多くなっているようです。あと、不況でも契約金が高止まりだし。

お子さんが幼稚園、おめでとうございます~♪ お母さんも羽根をのばしてください! 
Commented by hamchu at 2011-12-27 16:09
チェシャ猫さんのお仕事姿見てみた~い!(笑)
ティム・レボンさん、フムフム。教えていただいたサイトよく見てみなくては。

日米同時公開、なるほど、ですね~ノヴェライズも昔は映画の原作と勘違いする人が多くて何かと目の敵にしていたんですが(←そんな心の狭いのはあんただけじゃ)、今は映画とは結末が違っていたり、外伝になっちゃってたり結構面白いと思うんですが…でも、原書でも英語の勉強としてお勧めするのにいいかも。映画を見ていればストーリーがなんとなくわかるし、情熱?で読み切れるかも(笑)。
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-27 21:07 x
 拙者、長屋で傘貼り仕事をコツコツしているのでござる(笑)。仕官への道は遠い・・・ちがうってば!(笑) なんの仕事をしていると思っているのやら(ぜったい誤解してる)。
 ノベライズはシューティング・スクリプトから興すので、編集段階で削られた場面や別結末があったりして、愉しいですよね。
Commented by kristin at 2011-12-29 12:12 x
はむちゅうさん、幼稚園は意外と午後早い時間に帰ってきちゃうのが残念(笑)なところなのですが
映画館が徒歩1分であればほとんどカバーできますね。うらやましい~!

あまりコメントできませんがチェシャ猫さんとの掛け合いを楽しく読ませてもらっています。
来年もよろしくお願いします♪
Commented by hamchu at 2011-12-29 16:29
傘貼り浪人ってことは影の薄い病弱な美人の奥さんがいて、長屋のお隣はおせっかいで大声のおばさんと腕のいい大工の夫婦で、実は浪人は仮の姿でホントは幕府の隠密なんでしょ~(年末を迎え妄想がどんどん膨らんでいくの巻)
チェシャ猫さんがどんなお仕事をされていても私は驚きませんよ!ホント(ホントか? 笑)。

kristinさん、そうなんですよねー、幼稚園は保育園と比べると自由になる時間が短いんだわ(特にレディスデイの水曜日! 笑)。しかし、徒歩1分ですと夜寝た後という手も使えますよ~きっと(コラコラ)。

なんだかネタが切れたままクリスマス&年末に突入してしまいましたが、今年も皆様には本当にお世話になりました。来年もなにとぞよろしくお願いいたします。
あとで来年の公開予定でもチェックしてみようかな。何を見ようかなあ、なんてこっそり計画たてたりして…(笑)
Commented by チェシャ猫 at 2011-12-31 07:32 x
天井から紐でぶら下がって、ちょこちょこっと情報もらって、またするするっと天井に戻って、はいさようならというお仕事です。え、スパイダーマンじゃないってば!(笑)

管理人ハム太郎さま、kristinさま、そして、ほかのみなさま。今年もお世話になりました。来年もまた、よろしくお願いいたしますm(_ _)m。
Commented by hamchu at 2012-01-06 19:39
私もあの蜘蛛の糸でネタをばびゅっと絡め捕りたいものでございます。
ピーター・パーカー、がきんちょのころから好きだったんですけどね~。今はブルース・ウェインのほうがいいかな。お金持ちだし(ああ、堕落した大人に。でもお金持ちでもトニー・スタークはダメ。ひげだから)。

ってなわけで?今年も相変わらずの妄想加減、テキトー加減ですがなにとぞよろしくお願いいたします。ネタ(誤訳)の間違い修正は他力本願、皆みな様だけが頼りですから!(←コラコラ)


<< 【映画】ロバート・A・ハインラ...      【映画】「ホビットの冒険」、ビ... >>