2010年 10月 29日

【映画】ポール・ハギス、「プリズン211」をリメイク?


CBS filmsはスペインのスリラー「Cell 211(Celda 211)」DVD邦題「プリズン211」リメイク版の製作・脚本についてポール・ハギスと交渉中である模様。

ハギスはマイケル・ノジックと製作予定。

オリジナル版はDVDのリリース時にまた記事を作ってあったんですが、入れそびれちゃった(もったいないから下に入れちゃえ)。原作、出ないですかね~


プリズン211 Cell 211(Celda 211) 09年スペイン・仏
監督:ダニエル・モンソン
脚本:ダニエル・モンソン、ホルヘ・ゲリカエチェバァリア
製作:エマ・ルストレス、ボルハ・ペナ、フアン・ゴルドン、アルバロ・アウグスティン
音楽:ロケ・バニョス
撮影:カルレス・グシ
DVD:プリズン211 SHOCHIKU Co.,Ltd.
原作:Celda 211 Francisco Pérez Gandul  Ediciones Lengua De Trapo
出演:ルイス・トサル、アルベルト・アンマン、マルタ・エトゥラ、アントニオ・レシネス、マヌエル・モロン
ストーリー
刑務所の新任職員として着任したフアンは、突如勃発した囚人達の暴動に巻き込まれ、凶悪犯たちが占拠し立てこもった監獄内に取り残されてしまう。わが身を守るため、咄嗟の判断で囚人を装ったフアンは、凶悪犯たちに溶け込んだ振りをしながら脱出の機会を狙う。嘘と知恵を駆使し、暴動を扇動するリーダーに取り入るフアンは外とのコンタクトの機会を伺う。外では、SWATチームが突入の時を待っていた。
時を同じくして、身重の妻がフアンの身を心配して刑務所へと向かっていた。
その直後、事態は思いもよらない展開をみせ、フアンは過酷な運命へと巻き込まれていく。
 
[PR]

by hamchu | 2010-10-29 13:26 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/11492111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】「ヴァージン―僕は世界...      映画原作関連ニュース Four... >>