2010年 11月 05日

【映画】マイケル・ドロズニンの「聖書の暗号」映画化へ?


ニュートンが死の直前まで研究した「聖書」に秘められた謎。
ヘブライ語30万4805字に人類の来し方行く末は暗号として封印されているという謎をコンピュータを駆使し、ようやく白日の下に晒された3000年前の予言。
ケネディ暗殺、ホロコースト、天変地異等、的中した事実は数知れず、そして新たに浮かび上がった「World Wide」の不気味な文字。

Relativity Mediaのライアン・カヴァナーがマイケル・ドロズニン(Michael Drosnin)のベストセラー「聖書の暗号(The Bible Code)」シリーズの映画化権を取得、12年公開予定で映画化する模様。

これ、元記事中に”into a tentpole film”なんて書いてあったりするんですが、いったいどんなもんになるんでしょうか(笑)。

原作 
聖書の暗号 マイケル ドロズニン(著)  新潮社
聖書の暗号〈2〉 マイクル ドロズニン(著)  アーティストハウスパブリッシャーズ
 
[PR]

by hamchu | 2010-11-05 14:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/11524320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2010-11-06 08:41 x
柳の下に二匹目のダヴィンチは眠っていないと思うなあ。それに、これは脚色しにくいぞ~。
Commented by hamchu at 2010-11-06 12:53
やっぱりディザスター系なのでしょうか。「ノウイング」になっちゃったりしないでしょうか。


<< 【映画】ジャクソン・ラスボーン...      【映画】ゲイリー・ロス、「ハン... >>