2011年 02月 07日

【映画】ルイ・ベルゴーの「ボタン戦争(わんぱく戦争)」映画化へ

 
ルイ・ベルゴー(Louis Pergaud)の古典「ボタン戦争(War of the Buttons )」新映画版を「幸せはシャンソニア劇場から」のクリストフ・バラティエが監督する模様。

この本の映画化では、先月TF1がヤン・サミュエル監督・脚色、仏で11月公開予定、マティルド・セニエ出演(4月中旬に撮影開始)の新映画版の配給権をとった、ってニュースになったばかり。

何だかものすごく紛らわしいんですけど…「ボタン戦争」には2本映画化企画があるってことですか?(勘弁して~)

この本の映像化で有名なのはイブ・ロベール監督の「わんぱく戦争」(あと「草原とボタン」ってのもありましたね)
「わんぱく戦争」見たとき男の子って~(しょーもないなあ)と思ったものですが、今回ルイ・ベルゴーの原作(なだいなださんのガリマールコレクション版)読んでやっぱり男の子って~(野蛮じゃ)と思いましたです(笑)。


原作 おもな登場人物
ルブラック(大ブラック)
カミュ
タンタン
でか帽子(ジビュス)(アドニス)
ちび帽子
だんご(ぶーろ)
ガンベット
キリギリス(ラクリック)
ギニャール
テタス(おたまじゃくし)
ゲルイヤス
ふくれ(ボンベ)
バカイエ
シモン親父 学校の先生
ゼフィラン
お月様のミーグ
マリー・タンタン タンタンの妹
ルブラックの父親、母親
タンタンの父親、母親
 
[PR]

by hamchu | 2011-02-07 17:21 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/12069861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ラッセ・ハルストレム監...      全米映画興行収益 速報 11年... >>