2011年 02月 09日

【映画】ラッセ・ハルストレム監督、ラーシュ・ケプレルの「催眠」を映画化

 
ストックホルム郊外で起きた一家惨殺事件。被害者の夫婦と幼い娘をメッタ刺しにするという手口から、背後に異常な動機を窺わせた。かろうじて一命を取り留めたのは15歳の長男と、独立して家を出た長女だけ。捜査を開始したリンナ警部は、催眠療法で知られるバルク医師に少年から犯人逮捕につながる証言を引き出してくれるよう依頼するが…

ラッセ・ハルストレム監督がラーシュ・ケプレル(Lars Kepler)のスウェーデンのベストセラー「催眠(Hypnotist)」を映画化する模様。

11年・12年の冬に撮影、12年にスウェーデンで公開予定。
Svensk FilmindustriとSonet Film、Börje Hansson、ピーター・ポッスン、ベルティル・オルソンが制作。

原作 
催眠〈上〉  ラーシュ・ケプレル(著)  早川書房
催眠〈下〉  ラーシュ・ケプレル(著)  早川書房
 
 
[PR]

by hamchu | 2011-02-09 21:02 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/12083346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】マイク・ニューウェル監...      【映画】ルイ・ベルゴーの「ボタ... >>