2011年 04月 08日

【映画】ブルース・ベレスフォードがジョゼフ・フィンダーの「最高処刑責任者」を映画化

 
ジェイソンは日本家電メーカーの辣腕営業マン。誰からも好かれ、過去には売上トップの成績を上げていたが、最近の業績はイマイチで、家庭でも妻との関係はギクシャクしていた。上司によれば、人を蹴落としてでも這い上がる“闘争本能”が不足とか。しかし、みずからが起こした自動車事故が転機の始まりとなり、彼は出世の階段を一気に昇りつめることに。

「ドライビング Miss デイジー」のブルース・ベレスフォードがChockstone Pictures 、DeFina Film Prods.の「Killer Instinct」を監督する模様。

原作はジョゼフ・フィンダー(Joseph Finder)のスリラー「最高処刑責任者」
脚本はDavid Murray、Steve&Paula Mae Schwartzとバーバラ・デ・フィーナが制作。

これ、原題の「Killer Instinct(闘争本能)」が効いてるタイトルで(特にエピローグ)面白いと思うんですけど…
(なるほどなあ、という感じ)

【関連】
映画原作関連ニュース ジョゼフ・フィンダー、ハビエル・バルデム、ジャン・リュック・ゴダール… 09年6月9日

原作 
最高処刑責任者〈上〉 ジョゼフ・フィンダー 新潮社
最高処刑責任者〈下〉 ジョゼフ・フィンダー 新潮社

原作 おもな登場人物
私 ジェイソン・ステッドマン
ケイト ジェイソンの妻
カート・セムコ
キャル・テイラー
ケント・ゴードン(ゴーディ) 営業担当上級副社長
リッキー・フェスティノ
ヨシ・タナカ ビジネスプランニング担当マネージャー
ジョーン・トゥレック エリア・マネージャー
トレヴァー・アラード
ブレッド・グリーソン
スージー ケイトの姉
クレイグ・グレイザー スージーの夫
イーサン スージーの息子
メラニー ゴーディの秘書
ジム・レタスキー NECの営業マン
フィル・リフキン テクニカル・マーケティング・エンジニア
グレアム・ランケル ジェイソンの友人
デニス・スキャンロン 保安部長
フランシス・バーバー(フラニー) ジェイソンの秘書
ディック・ハーディ CEO
ヒデオ・ナカムラ
レイ・ケニヨン巡査部長
 
[PR]

by hamchu | 2011-04-08 22:22 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/12391061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】「魔女とほうきの正しい...      【映画】ジュリアン・フェロウズ... >>