2011年 05月 18日

【映画】アーヴィン・ウェルシュの「フィルス」映画化、実現へ?

 
フィルス=英国の俗語で”警察”の意味。
股間に湿疹、腹にサナダムシ。鬼畜ポリ公、ブルース・ロバートソン登場!
主人公は黒人殺害事件の捜査を指令されたスコットランド人刑事、ブルース・ロバートソン。女性・同性愛者・人種差別主義。特技は同僚や友人を陥れるための裏工作と残業の不正申告。ポルノ・売春・不倫・オナニー・油もの・安カレー・アルコール・コカイン中毒…まさに、歩く危険指定地域。あまりに奇怪!あまりに強烈!!あまりにもカリスマ的な極悪ヒーローの誕生!!!

Sierra/AffinityがJon S. Bairdが監督・脚色する「フィルス(Filth)」の国際配給権を取得した模様。

原作は「トレインスポッティング」のアーヴィン・ウェルシュ(Irvine Welsh)の同名小説。
制作はケン・マーシャル、制作総指揮はウィル・クラーク。

この映画にはジェイミー・ベル、アラン・カミング、マーティン・コムストン、トビー・ジョーンズ、イモージェン・プーツらが出演するという話がありまして…(この本は面白いと思うんですが誰にでも薦められるもんじゃありませんな 笑)

原作 フィルス アーヴィン・ウェルシュ アーティストハウス
  
原作 おもな登場人物
おれ ブルース・ロバートソン(ロボ) 巡査部長
キャロル ブルースの妻
ロバート・トール(トーリー) 主任
ジェームズ・二ドリー 警視正
レイモンド(レイ)・レノックス 巡査部長
アマンダ・ドラモンド
ドゥーギー・ギルマン
アンディ・クレランド(クレイ)
ガス・ベイン
ピーター・イングリス
クリフォード・ブレイズ(ブレイジー) ダチ
カレン・フルトン
エファン・ウォーリー 被害者
コンラッド・ドナルドソン 弁護士
アレックス・セタリトン
デヴィッド・ゴーマン
ステファニー・ドナルドソン
トム・ストラノク 隣人でダチ、サッカー選手
 
[PR]

by hamchu | 2011-05-18 23:55 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/12604793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【BBC】セバスティアン・フォ...      【映画】ジェマ・アータートン、... >>