2011年 06月 12日

【映画】「ベティ・ペイジ」のメアリー・ハロン、「妖精の女王」を監督へ?

 
フェアリーの気をひくな。フェアリーを見つめるな。フェアリーを見る力を持つ少女アッシュリンは、彼らの不気味な世界など、見えないふりをしてきた。ところがある日、人間の男の姿をまとったフェアリーに誘いをかけられる。人間とフェアリーの間で揺れるアッシュリン。

「アメリカン・サイコ」「ベティ・ペイジ」のメアリー・ハロンがメリッサ・マールのベストセラーファンタジーシリーズの第1作目「妖精の女王」を映画化する「Wicked Lovely」監督として交渉中である模様。

ヴィンス・ヴォーン、Valeri Vaughn、ピーター・ビリングスリーが制作、「シザーハンズ」、「ティム・バートンのコープスブライド」のキャロライン・トンプソンが脚色。

メアリー・ハロン監督の「The Moth Diaries」ってできたんでしょうか…

【関連】
映画原作関連ニュース 移動祝祭日、The Passage、Wicked Lovely… 09年9月18日
映画原作関連ニュース Cabin Pressure、Wicked Lovely、Lizard Music… 10年10月27日

原作 妖精の女王 メリッサ・マール 東京創元社

原作 おもな登場人物
アッシュリン(アッシュ)・フォイ
キーナン サマーコートの王
ドニア ウィンターガール
セス アッシュリンのボーイフレンド
グラニー(エレナ) アッシュリンの祖母
リアンヌ
レスリー
イリアル
ベイラ キーナンの母
サシャ ドニアの狼
ニール
タヴィッシュ
 
[PR]

by hamchu | 2011-06-12 01:15 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/12839443
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2011-08-28 17:18
なんだかボツ企画になってしまったようで…メアリー・ハロン、面白いかな、と思ったんですが…
Commented by チェシャ猫 at 2011-09-01 21:59 x
ユニバーサル映画の動向がおかしいので(いまにはじまったことじゃないですが・苦笑)、用心したほうがいいですね。
ボードゲームの映画化企画を何本もかかえて、どうするのかと思っていたら、やはりぜんぶ捨てたようで、こちらはちょっとほっとしたような。来年の夏の目玉「Battle Ship」の予告編が、あまりにありきたりで、さすがに上層部もまずいと思ったんでしょうね。
Commented by hamchu at 2011-09-03 15:47
ボツになるまでが早~うございましたなあ。キャストはどうなるのかなあ、なんて新しく出たシリーズを楽しく読んでたのに…(とほほ)
「Battle Ship」、実際のところはどうなんでしょうか?アレキサンダー・スカルスガルドはちょっと…って感じで私自身はあんまりノレないんですが…(こらこら 笑)


<< 【映画】エドワード・ズウィック...      【TV】ジョシュ・ルーカス、「... >>