2011年 06月 12日

【映画】エドワード・ズウィック監督、ヴィンス・フリンのスパイ小説を映画化?

 
CBS Filmsは「ラストサムライ」のエドワード・ズウィックをスパイ・スリラー「American Assassin」の監督として起用したい模様。

原作はヴィンス・フリン(Vince Flynn)のベストセラー・シリーズの1作。
脚色はズウィックとマーシャル・ハースコヴィッツ。
ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ、ニック・ウェクスラーが製作。

これ、原作はミッチ・ラップもの、というわけでアントワン・フークアの「Consent to Kill」企画はどこに行っちゃったんだ~!(ジェラルド・バトラーとか、コリン・ファレルとか言われてたキャスティングもどこに行っちゃったんだ~!)

【関連】
【映画】CBS Films、ヴィンス・フリンのベストセラー諜報小説を映画化 08年2月14日
【映画】アントワーン・フークア監督、ヴィンス・フリンのスパイ小説を映画化 10年1月12日

原作 American Assassin: A Thriller  Vince Flynn (著)  Simon & Schuster Ltd
 
[PR]

by hamchu | 2011-06-12 01:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/12839605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2011-06-12 21:49 x
「Consent to Kill」のほうは予算面の問題がひっかかって、硬直状態におちいりました。フークアもひとまず離脱したみたい。
「American Assassin」はミッチ・ラップ最初の事件を描く、過去志向作品なので話の規模は地味め。だから予算が少なくてすむという、せこい事情のようです~(汗)。エドワード・ズウィックなので期待できそうですけどね。
Commented by hamchu at 2011-06-15 18:43
そんなに映画化したいか、ミッチ・ラップ。まあ、気持ちもわからんでもありませんが…
アントワン・フークアっぽい企画だなあ、と思ってたんですがエドワード・ズウィックというのはかなり意外かも(化ける?)。

そうそう、「憎鬼」と「殺人感染」を読み始めました。一気に行っちゃうとすぐなんであくまでチビチビ。とかいいながらあっというまにいっちゃいそうですが(笑)。
Commented by チェシャ猫 at 2011-06-16 23:34 x
いまごろは「憎鬼」を読み終えて、仕方なく(笑)「殺人感染」にも触手、いや、食指をのばしているころでしょうか。このあとで太田出版の「ゾンビの告白」があるから、まだまだゆとりですよ♪
Commented by hamchu at 2011-06-20 00:05
「憎鬼」 最初のほう家族の描写が自分の状況とかなりダブり、みにつまされるようでなかなか進まず…(いやあ、海外のお父さん、日本に比べるとまだまだやっぱり子育てに参加してるって!)
でも後半やっぱりというか何というか一気にいっちゃいました(笑)。いやあ、そうきたか。わかるなあ(何が?)。
「殺人感染」はまだチビチビ(じわじわ?)でもいい感じです。
太田出版のやつも楽しみです~月末から沖縄に行くのでその前のジメジメしている間に読みたいかも。


<< 【映画】「トゥルーブラッド」の...      【映画】「ベティ・ペイジ」のメ... >>