2011年 06月 20日

【TVM】Lifetime、アイリス・ジョハンセンの「顔のない狩人」をドラマ化へ

 
姿なき殺人者が仕掛けた戦慄のゲームとは?
「ボニーを殺したのはフレイザーではない、私だ」ドンと名乗る男は、電話でイヴにそう告げた。イヴの愛娘ボニーは何年も前に殺害され、遺体はまだ見つからない。が、凶悪犯フレイザーが犯行を自供し、死刑になった。なのに、真犯人は別にいたのか?動転するイヴは、姿なき男ドンが仕掛けた戦慄のゲームに否応なく巻き込まれていく!

「アシュトン・カッチャーの70’sショー」のローラ・プリポンとNaomi JuddがLifetimeのオリジナルTVM「The Killing Game」に出演する模様。

原作はアイリス・ジョハンセンの同名ベストセラー「顔のない狩人」
TVM「落ちていく女」のアン・カルラッチが制作総指揮、TVM「クロスオーバー ふたりの女」のボビー・ロスが監督、Jill E. Blotevogelが脚色。

へ~Lifetime、今度はアイリス・ジョハンセンか。
プリポンが主人公イヴ、Naomi Juddはその母サンドラの役なんですが、ジョー・クインを誰がやるのか結構気になったりして(笑)。

原作 顔のない狩人 アイリス・ジョハンセン(著), 二見書房
 
[PR]

by hamchu | 2011-06-20 02:01 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/12921965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】アントン・コルベイン、...      【映画】「唇を閉ざせ」再映画化... >>