2011年 07月 08日

【映画】クリストファー・ウォーケンら「お行儀の悪い神々」に出演

 
遙か昔の神話の時代、オリュンポスの神々はギリシアで栄華を極めた。だが、時は現代、ロンドンに移住した神々は困窮に喘いでいた。月と狩りの女神アルテミスはドッグ・シッター、美の女神アプロディテはテレフォン・セックスのオペレーター、そして太陽神アポロンはいんちき霊能者としてかろうじて生計を立てていた。神々は神通力を失いつつあり、将来に希望はない…。ある時、アプロディテの策謀によって、アポロンが人間の女性に一目惚れすると、世界存亡をかけた大騒動が巻き起こる!

マリー・フィリップス(Marie Phillips)のベストセラー「お行儀の悪い神々」を映画化する「Gods Behaving Badly」にクリストファー・ウォーケン、アリシア・シルヴァーストーン、エボン・モス=バクラック、ジョン・タートゥーロ、シャロン・ストーン、オリヴァー・プラット、イーディ・ファルコ、フィリシア・ラシャド、ネルサン・エリス、 Gideon Glick、Henry Zebrowski 、ロージー・ペレスが出演する模様。

監督は「サンシャイン・クリーニング」、「リトル・ミス・サンシャイン」の製作者マーク・タートルトーブ、脚色はタートルトーブと Josh Goldfaden。
制作はピーター・サラフ。

舞台はNYに変更、というわけで撮影は今月後半にNYで開始される予定。

原作 お行儀の悪い神々 マリー・フィリップス 早川書房
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-08 15:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/13044129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【BBC】ジリアン・アンダーソ...      【TV】HBO、カール・ハイア... >>