2011年 07月 19日

未公開作品 DVD ポルノグラフィア 本当に美しい少女 Pornografia

 
a0000270_13425377.jpgポルノグラフィア 本当に美しい少女 Pornografia 03年ポーランド
監督:ヤン・ヤコブ・コルスキ
脚本:ヤン・ヤコブ・コルスキ、ジェラール・ブラッシュ
制作総指揮:Pawel Poppe
制作:アントワーヌ・ドゥ・クレルモン=トネール、ルー・ライウィン
音楽:ジグムント・コニエチニ
撮影:クシシュトフ・プタク
DVD:ポルノグラフィア 本当に美しい少女  アットエンタテイメント
原作:ポルノグラフィア ヴィトルド ゴンブロヴィッチ 河出書房新社
出演:クシシュトフ・マイフシャク、サンドラ・サモス、カジミェシュズ・マズール、アダム・フェレンツィ、クシシュトフ・グロビシュ
ストーリー
1943年、ナチス政権下のポーランド・ワルシャワ―
インテリ同志たちとの会合に訪れたヴィトルドは、謎の男フレデリクと出会う。 二人はすっかり意気投合。フレデリクを信用したヴィトルドは、共に友人ヒポリトの家に向かう。 ヒポリトには美しい娘、ヘニアがいた。家の近くの牧場で働く少年カロルも、また美しかった。幼馴染だという二人だが、二人が一線を越えた関係であることをすぐに察知したヴィトルドとフレデリク。 さらに、ヘニアには年の離れた婚約者のヴァルワフがいた―
にも関わらず、カロルとの関係を続けるヘニアの若さと美貌に魅了されるヴィトルドたち。 気がつくと二人は、美しいヘニアから目が離せなくなっていく。 しかし、ヴァツワフの母親が殺される事件が起こり、状況は一変。ヘニアとカロルの関係にも変化が生じ始める―

原作 おもな登場人物
私 ヴィトルド・ゴンブロヴィッチ (アダム・フェレンツィ)
フリデリク (クシシュトフ・マイフシャク)
ヒポリト・S(ヒプ) (クシシュトフ・グロビシュ)
夫人 マリア(ヒポリトの妻) (Grazyna Blecka-Kolska)
へニア ヒポリトの娘 (サンドラ・サモス)
カロル (カジミェシュズ・マズール)
ヴァツワフ・ペシュコフスキ へニアの婚約者 (Grzegorz Damiecki)
アメリア夫人 ヴァツワフの母 (Irena Laskowska)
ユジェク・スクジャク(ユゼク) (Jan Urbanski)

*この原作、タイトルから想像されるような感じ(って、どんなんじゃ)の本じゃないです(なかなか読みにくいし 笑)。 
この作品の映画化について回答した作者の注意書きに
「この映画はポルノグラフィとはしないこと、肉感と詩情のある作品とすること」
とあるんですが、映画化されたこの作品は作者のおめがねにかなったかしらん?(Polish Film Awards、Polish Film Festivalなどでノミネート、受賞しているんで結構いい感じだったのかも?)
  
[PR]

by hamchu | 2011-07-19 13:41 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/13103931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース Stre...      未公開作品 DVD 襲撃者の夜... >>