2011年 11月 16日

映画・TV原作関連ニュース Jimmy、The Paris Wife、Masters & Johnson

 
★「ラスト・エクソシズム」のパトリック・ファビアン、「NIP/TUCK マイアミ整形外科医」のケリー・カールソン、Ian Colletti、「名探偵モンク」のテッド・レヴィン、ボブ・ガントン、グレゴリー・アラン・ウィリアムズ、チャック・キャリントン、バージェス・ジェンキンスがインディ系のファンタジードラマ「Jimmy」に出演する模様。

原作はRobert Whitlowの同名小説。
Mark Freiburgerが監督、FreiburgerとGary Wheelerが脚本、制作総指揮。

FreiburgerとWheelerは10年にはマシュー・モデイン出演で同じくRobert Whitlowの作品「The Trial」を映画化。この時の監督はGary Wheelerの方でした。

原作 Jimmy Robert Whitlow WestBow Press


★Amber EntertainmentがPaula McClainのベストセラー「The Paris Wife: A Novel」の権利を取得、アーネスト・ヘミングウェイとその最初の妻ハドリーについて映画化する模様。

「ライラの冒険」のアイリーン・メイゼルが制作、ジュリアン・フェロウズが制作総指揮、Isabelle Dupuyが脚色。

このエリザベス・ハドリーという人はマーゴ&マリエル・ヘミングウェイの祖母に当たる人ですよね。

[The Paris Wife: A Novel 内容]
A deeply evocative story of ambition and betrayal, The Paris Wife captures a remarkable period of time and a love affair between two unforgettable people: Ernest Hemingway and his wife Hadley.
Chicago, 1920: Hadley Richardson is a quiet twenty-eight-year-old who has all but given up on love and happiness?until she meets Ernest Hemingway and her life changes forever. Following a whirlwind courtship and wedding, the pair set sail for Paris, where they become the golden couple in a lively and volatile group?the fabled “Lost Generation”?that includes Gertrude Stein, Ezra Pound, and F. Scott and Zelda Fitzgerald.
Though deeply in love, the Hemingways are ill prepared for the hard-drinking and fast-living life of Jazz Age Paris, which hardly values traditional notions of family and monogamy. Surrounded by beautiful women and competing egos, Ernest struggles to find the voice that will earn him a place in history, pouring all the richness and intensity of his life with Hadley and their circle of friends into the novel that will become The Sun Also Rises. Hadley, meanwhile, strives to hold on to her sense of self as the demands of life with Ernest grow costly and her roles as wife, friend, and muse become more challenging. Despite their extraordinary bond, they eventually find themselves facing the ultimate crisis of their marriage?a deception that will lead to the unraveling of everything they’ve fought so hard for.
A heartbreaking portrayal of love and torn loyalty, The Paris Wife is all the more poignant because we know that, in the end, Hemingway wrote that he would rather have died than fallen in love with anyone but Hadley.


原作 The Paris Wife: A Novel Paula McClain Ballantine Books


☆テディ・シアーズとNick D’Agosto がShowtimeのパイロット版、ポール・ベタニー出演の「Masters & Johnson」に出演する模様。

原作はThomas Maerの書籍「Masters of Sex: The Life And Times Of William Masters And Virginia Johnson, The Couple Who Taught America How To Love」

「ザ・パシフィック」のミシェル・アシュフォードが脚色、ジョン・マッデンが監督予定。
「キッドナップ」のサラ・ティンバーマン、カール・ベヴァリー、ジュディス・ヴァーノが制作。

原作 Masters of Sex: The Life and Times of William Masters and Virginia Johnson, the Couple Who Taught America How to Love  Thomas Maier Basic Books
 
[PR]

by hamchu | 2011-11-16 23:08 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/14018016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チェシャ猫 at 2011-11-25 22:54 x
マーゴ・ヘミングウェイ、なつかしい~!(><)
Commented by hamchu at 2011-11-26 20:00
マーゴ・ヘミングウェイというとやっぱり「リップスティック」かと思うのですが(あはは、私80年代クリス・サランドンが好きだったのですよ~)、日曜洋画劇場で見た「恐怖の人食い魚群」(というタイトルだったような…)も意外と覚えています。リー・メジャースも好きだったのですよ~(節操なし 笑)
Commented by チェシャ猫 at 2011-11-29 20:06 x
「リップスティック」といえば、ミシェル・ポルナレフ♪ なつかしき70年代♪
しかし、リー・メジャース好きとはマニアですねえ。さて、ついに進みはじめた『600万ドルの男』劇場映画版に、彼はゲスト出演するんでしょうか?
Commented by hamchu at 2011-11-30 14:31
ミシェル・ポルナレフ~聴きたくなっちゃうじゃないですか~(笑)
リー・メジャース、「フォールガイ」のほうにも最近リメイク映画化の話がありましたよね(しかし、「600万ドルの男」デカプリオってホント?)。
私は「ワンダーウーマン」より「バイオニックジェミー」のほうが好きだったりするなあ。ってホント、70年代懐かしい!


<< 【映画】スカーレット・ヨハンソ...      【TVM】Lifetime、ケ... >>