2011年 11月 20日

【映画】スカーレット・ヨハンソン、カポーティの「真夏の航海」で長編監督デビュー?

 
2004年11月、4冊のノートに残された天才作家カポーティの草稿が発見された。『真夏の航海』と題されたその原稿は、『冷血』の成功で富を手にしたカポーティが、ブルックリンにある古いアパートを引き払った際、残していった荷物のなかから発見された。幻の処女作として存在を知られていたこの作品は、死後20年以上を経て、未完のままニューヨークのサザビーズでオークションにかけられる。

スカーレット・ヨハンソンがトルーマン・カポーティ(Truman Capote)の「真夏の航海(Summer Crossing)」映画化で長編作品監督デビューする模様。

「ディア・ハンター」のバリー・スパイキングスが制作、「ブッシュ」のピーター・D・グレイヴスが制作総指揮、Tristine Skylerが脚色。

原作 真夏の航海 トルーマン・カポーティ ランダムハウス講談社
 
[PR]

by hamchu | 2011-11-20 14:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/14037802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画・TVM原作関連ニュース ...      映画・TV原作関連ニュース J... >>