2011年 12月 07日

【映画】フィリップ・K・ディックの「去年を待ちながら」、映画化へ

 
地球は国連事務総長モリナーリの指揮のもと、星間戦争の渦中にある。モリナーリは、死してなお蘇り、熱弁をふるい人々を鼓舞する最高権力者だった。人口臓器移植医エリックは、ある日モリナーリの専属担当を要請される。そしてエリックの妻キャサリンは、夫との不和から禁断のドラッグJJ一八〇を服用してしまう…

フィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)の作品「去年を待ちながら(Now Wait for Last Year)」に映画化企画がありTed Kupperが脚色、バリー・M・オズボーン、Cameron Lamb、作者の娘のイサ・ディック・ハケットが制作、ダン・ケストン、Laura Leslie、Christopher Tricarico、キャシー・モーガンが制作総指揮予定。

12年中には制作スタート、現在監督等選定中のようです。

原作 去年を待ちながら フィリップ・K・ディック 東京創元社
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-07 20:11 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/14132899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】クリス・コロンバスがア...      映画原作関連ニュース In t... >>