2012年 01月 11日

【映画】デヴィッド・オーバーンがデボラ・ハークネスの「魔女の目覚め」を脚色

 
その本は図書館の奥でひっそりと眠っていた。彼女を待ちわびるように…。イェール大学の若き歴史学教授ダイアナは、錬金術の研究中にオックスフォードのボドリアン図書館で一冊の写本を手にする。褪せた金箔が放つ虹色のきらめき、鼻をつく不思議なにおい。それは彼女に何かを語りかけているように見えた。由緒ある魔女の家系に生まれながら魔法を否定して生きてきたダイアナはすぐに本を返却するが、やがて周囲で奇妙な事が起きはじめる。すべてはあの写本が原因なのか?ダイアナはオックスフォードの教授で天才科学者と名高いヴァンパイアのマシューと共に壮大な謎に取り込まれてゆくが―。

デヴィッド・オーバーンがデボラ・ハークネス(Deborah Harkness)の「魔女の目覚め(A Discovery of Withces)」を脚色する模様。

ワーナー・ブラザース、デニース・ディノヴィとアリソン・グリーンスパンが制作(おや~ 笑)。

原作 
魔女の目覚め 上 デボラ・ハークネス ヴィレッジブックス
魔女の目覚め 上 デボラ・ハークネス ヴィレッジブックス
 
[PR]

by hamchu | 2012-01-11 08:05 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/14387096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画・TV原作関連ニュース 水...      【映画】ジョージ・クルーニーが... >>