2012年 02月 02日

TVM作品 DVD テス


テス Tess Of The D'Urbervilles 08年英 TVM
監督:デヴィッド・ブレア
脚本:デヴィッド・ニコルズ
制作総指揮:ケイト・ハーウッド、レベッカ・イートン
制作:デヴィッド・スノディン
音楽:ロブ・レイン
撮影:ヴォイチェフ・シェペル
DVD:テス IVC
原作:
テス 上 (ちくま文庫) トーマス・ハーディ / / 筑摩書房
テス 下 (ちくま文庫) トマス・ハーディ / / 筑摩書房
出演:ジェマ・アタートン、エディ・レッドメイン、ルース・ジョーンズ、ハンス・マシソン、イアン・プレストン・デイヴィス
ストーリー
貴族ダーバヴィル家の子孫だと言われた貧しい行商人の娘テスは、親戚ダーバヴィル家へ向かい、当主アレックに乱暴され身ごもってしまう。アレックとの間にできた子供は死に、ダーバヴィル家を出て農場で働き始める。そこで出会った純粋な青年エンジェルと出会い、二人は恋に落ちる。しかし皮肉な運命によって、再びアレックと出会ってしまうテスは、エンジェルに忌まわしい過去を打ち明けられずにいた。ついに結婚したテスとエンジェル。その晩テスは過去の体験を告白してしまう…。テスがどうしても許せないエンジェルは、一人ブラジルへと旅立つ。エンジェルを待ち続けようと決心したテスであったが、住む家もなくなり途方に暮れ、待ち疲れてしまった…。再びアレックの愛人となったテス。そこにエンジェルが戻ってくるがもう時は遅い…。今までの仕打ちに耐え切れなくなったテスはアレックを殺し、エンジェルと荒涼としたストーンヘンジへと向う―テスは逮捕され処刑される―

【関連】
【BBC】David Nicholls、トマス・ハーディの「テス」ミニシリーズを脚色 08年1月22日
【BBC】007新作のボンドガール、BBCのドラマ「テス」に出演 08年3月18日

原作 おもな登場人物
テス・ダービフィールド (ジェマ・アータートン)
ジョン テスの父 (イアン・プレストン・デイヴィス)
ジョーン テスの母 (ルース・ジョーンズ)
ダーバヴィル夫人 (アンナ・マッセイ)
アレック(アレクサンダー)・ダーバヴィル (ハンス・マシソン)
エンジェル・クレア (エディ・レッドメイン)
クレア氏
クレア夫人
マリアン
レティ・プリドル (エミリー・ビーチャム)
イズ・ヒュエット (ジョディ・ウィッテカー)
ビル・ルーウェル
クリック
ジョナサン・ケイル
マーシー・チャント (ジーニー・スパーク)
ブルックス夫人
[PR]

by hamchu | 2012-02-02 06:28 | DVD | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/14577239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース Stay...      【映画】ジョン・リー・ハンコッ... >>