2012年 02月 07日

【映画】ジェニー・ルメット、ヴァネッサ・ディフェンバーの「花言葉をさがして」を脚色

ヴィクトリア・ジョーンズは火事の夢ばかり見る。夢の中ではいつも10歳の少女のままだ。生まれてすぐに母親に捨てられたヴィクトリアは無愛想で怒りっぽく、何人もの里親のもとを転々としてきた。心を閉ざした彼女が唯一信じたのは、9歳の時の里親エリザベスが教えてくれた「花言葉」。18歳の誕生日の朝、養護施設を卒業したもののお金も仕事もないヴィクトリアは、公園の茂みで眠るしかない。そんなある日、街の小さな花屋『ブルーム』を見つけて「花のことなら何かできるかもしれない」と直感し、ブーケを作って自分を売り込み、店で働き始める。お客が何を求めているかを察し、美しい花束を作って人々をしあわせにしてゆくヴィクトリア。その腕はたちまち評判になり、希望に満ちた生活を手にするかに思えたのだが…

シドニー・ルメット監督の娘で「レイチェルの結婚」の脚本家ジェニー・ルメットがFOX2000制作、ヴァネッサ・ディフェンバー(Vanessa Diffenbaugh)のベストセラー小説「花言葉をさがして(The Language of Flowers)」を脚色する模様。

ルーシー・フィッシャーとダグラス・ウィックが制作。

原作 花言葉をさがして  ヴァネッサ ディフェンバー ポプラ社
[PR]

by hamchu | 2012-02-07 22:55 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/14621101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース Fanc...      映画原作関連ニュース The ... >>