2004年 12月 30日

【個人的総括】2004年 ミステリー・マイ・ベスト ほか

最後に映画とはあまり関係なく、今年のミステリー作品の個人的なベストを…

a0000270_1840874.jpga0000270_18402339.jpga0000270_18403829.jpga0000270_1840523.jpg







1 誰でもない男の裁判 A・H・Z・カー 晶文社
2 イデアの洞窟 ホセ・カルロス・ソモサ 文藝春秋
3 炎に消えた名画 チャールズ・ウィルフォード 扶桑社ミステリー
4 犬は勘定に入れません あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 コニー・ウィリス 早川書房
5 殺しの接吻 ウィリアム・ゴールドマン ハヤカワ・ミステリ
6 ナイロビの蜂 ジョン・ル・カレ 集英社文庫

1、2、3、4 短篇、メタ、フロリダ系、動物と好きなものを素直に上位に(笑)。
5 「殺しの接吻」って原作はこういう話だったんだ…(ゴールドマンらしいというか何というか)
6 いい映画になりそうな題材で、映画版はレイフ・ファインズ&フェルナンド・メイレレスなもんだから勝手に肩入れしまくっている(コラコラ)。脚色は「007 ゴールデンアイ」脚本家、「コールド・ルーム」原作者のジェフリー・ケインのようなんですが…(えっ、「コールド・ルーム」ってTVMだったの?)

その他、今年話題になった書籍で映画化企画アリ?、既に映像化済みの作品は…

a0000270_154252.jpga0000270_1543483.jpga0000270_1646051.jpga0000270_16462347.jpg







・ダ・ヴィンチ・コード ダン・ブラウン
06年公開予定 ロン・ハワード監督、トム・ハンクス
・荊の城 サラ・ウォーターズ
英BBC TVドラマ化 05年放送予定
この2作品は来年も注目。

a0000270_1845655.jpga0000270_18452041.jpga0000270_18453396.jpga0000270_18454817.jpg







・奇術師 クリストファー・プリースト
本来クリストファー・ノーラン監督が「バットマン」映画化の前に手がける予定だった企画。
その後「バットマン ビギンズ」が先行し、こちらは白紙の状態に?
・迷宮の暗殺者 デイヴィッド・アンブローズ
「覚醒するアダム」は04年に映画化のニュースが発表済。
こちら「迷宮の暗殺者」はオプション権はどこかが持っているのでしょうが、今のところ具体的な話はない模様。後書きによると作者はチャーリーにはジュード・ロウを希望しているようですが…(またまた~笑)
・白い雌ライオン ヘニング・マンケル
クルト・ヴァランダーモノは既に本国でTVMになってますが、その他にも「One Step Behind」をポール・バーホーベンが映画化予定!
その他「シャッター・アイランド」をウォルフガング・ペーターゼンが監督するという話も去年あったでしょうか?(その後監督は「エンダーのゲーム」や「カメレオンの呪文」に傾いた?)

「ワイオミングの惨劇」の作者トレヴァニアン氏は、この作品映画化されそうにない…なんておっしゃっているようですが、十分映画化の可能性はあると思う(笑 今やどんな活字も映画化されないものはない)。
05年はどんな企画が飛び出すか…今から本当に楽しみです(来年はどんな作品を映画化して欲しいですか?)。
[PR]

by hamchu | 2004-12-30 18:37 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/1492698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 個人的読書 at 2005-04-22 18:48
タイトル : 白い雌ライオン
  「白い雌ライオン」 ヘニング・マンケル著 東京創元社・出版  『骨太捜査物では、なく、国際謀略物』  やっと読み終わりました。 これはスウェーデン人によって、かかれたスウェーデン・ミステリです。名前と存在は、ぽつぽつ耳にしていたのですが、欧州(主にドイツ)では、超有名作家だそうです。 初めて読んでみました。  スウェーデンの事を、殆ど知らないので、確かに、地名や地方の名前をきいても、ぴんと来ませんが、 それが、ネックになるわけでは、決してありません。事の発端...... more


<< 【映画】「戦争のはじめかた」グ...      【Trailer】「ファンタス... >>