2012年 04月 09日

【映画】フランク・ティリエの「シンドロームE」、映画化へ


急死した収集家のコレクションに眠っていた謎の短篇映画。奇怪な描写が続くその映画を見たコレクターは、映画が終わる前に失明してしまった。映画の秘密を探るリューシー警部補。だがその行く手には、何者かが立ちはだかる。一方、五体もの死体が工事現場で発見された事件を追うシャルコ警視は、死体から脳髄と眼球が抜き取られている事実に着目するが……ふたつの事件を結ぶ糸があることを、二人はまだ知る由もなかった。

Paramount PicturesとIndian Paintbrushがフランク・ティリエ(Franck Thilliez)の「シンドロームE(Syndrome E)」の権利を取得、スティーヴ・ザイリアンとGarrett Baschがステーヴン・レイルズ、マーク・ロイバルと制作予定。

リューシーものの「死者の部屋」は仏で映画化されたりしているのですが(【HP・Trailer】死者の部屋 La Chambre des morts)、この本では小さかったリューシーの双子の娘が「シンドロームE」では大きくなっちゃってる。
原作は続編「Gataca」へと続くようなのですが…

原作
シンドロームE(上) (ハヤカワ文庫NV) フランク・ティリエ 早川書房
シンドロームE(下) (ハヤカワ文庫NV) フランク・ティリエ 早川書房

原作 おもな登場人物
リューシー・エヌベル
クララ リューシーの娘
ジュリエット
リュードヴィック・セネシャル 映画コレクター
リュック・スピルマン
マルタン・ルクレール 暴力犯罪対策本部部長
フランク・シャルコ(シャーク) 警視
クロード・ポワニエ 映画修復家
マハムド・アブド・エル=アアル
ミカエル・ルブラン 大使館つき警視
ハッサン・ヌルディーヌ 
ヴラド・スピルマン
マリ・エヌベル リューシーの母
カシュマレク 警部
ナヘド・サイエド 通訳
アテフ マハムドの弟
ジョルジュ・ベッケル
ジュディット・サニョル 女優
ジャック・ラコンブ 映画監督
ベルトラン・シャステル
パトリシア・リショー
ピエール・モネット
シスター・マリ=デュ=カルヴェール
[PR]

by hamchu | 2012-04-09 12:23 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15009412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2013-04-02 15:13
続編の「GATACA」は5月に出るようですね~


<< 【映画】マーク・ウォルバーグが...      未公開作品 DVD トゥモロー... >>