2012年 05月 11日

【映画】ブライアン・D・ヤング、ジェフリー・アーチャーの「ゴッホは欺く」をリライト


9・11テロ前夜、英貴族ウェントワース家の女主人ヴィクトリアは、破産寸前の家計に悩んでいた。双子の妹アラベラに手紙を書いているところに賊が侵入し、首を切られて命を落す。犯人は左耳も切断し、著名な美術品蒐集家フェンストンに送った。一方崩落したビルから生還したフェストンの美術コンサルタント、アンナは、付きまとう男の影に怯えていた。

New Franchise Mediaはジェフリー・アーチャー(Jeffrey Archer)の小説「ゴッホは欺く(False Impression)」リライターとしてブライアン・D・ヤングを起用した模様。

New Franchiseは昨年アーチャーの10作品の権利を取得。
またThe Kennedy/Marshall Company は「ロシア皇帝の密約(A Matter of Honor)」の脚本家としてRichard Regen を起用しているんだとか。

原作
ゴッホは欺く 上 ジェフリー・アーチャー(著) 新潮社
ゴッホは欺く 下 ジェフリー・アーチャー(著) 新潮社
[PR]

by hamchu | 2012-05-11 11:31 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15273245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 未公開作品 DVD ギャラリー...      【映画】「特捜部Q ―檻の中の... >>