2012年 05月 18日

【映画】ヘレナ・ボナム=カーターとキャシー・ベイツ、「T・S・スピヴェット君 傑作集」に出演


モンタナに住む十二歳の天才地図製作者、T・S・スピヴェット君のもとに、スミソニアン博物館から一本の電話が入った。それは、科学振興に尽力した人物に与えられる由緒あるベアード賞受賞と授賞式への招待の知らせだった。過去にスミソニアンにイラストが採用された経緯はあるものの、少年はこの賞に応募した覚えはない。これは質の悪いいたずら?
そもそもこの賞は大人に与えられるものでは?
スピヴェット君は混乱し、一旦は受賞を辞退してしまう。だがやがて、彼は自分の研究に無関心な両親のもとを離れ、世界一の博物館で好きな研究に専念することを決意する。彼は放浪者のごとく貨物列車に飛び乗り、ひとり東部を目指す。それは、現実を超越した奇妙な旅のはじまりだった。

ライフ・ラーセン(Rief Larsen)の「T・S・スピヴェット君 傑作集」をジャン=ピエール・ジュネ監督が映画化する「The Young and Prodigious Spivet」にヘレナ・ボナム=カーターとキャシー・ベイツが出演する模様。

新人のKyle Catlettが主演、カラム・キース・レニーも出演、ジュネとギョーム・ローランが脚色。
撮影はカナダで6月30日開始、公開は13年の10月を予定。

原作 T・S・スピヴェット君 傑作集 ライフ・ラーセン(著) 早川書房
[PR]

by hamchu | 2012-05-18 13:08 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15338798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画原作関連ニュース Amer...      映画原作関連ニュース Dark... >>