2012年 05月 22日

【映画】サイモン・ペッグがフランソワ・ルロールのベストセラー映画化に出演


ある大都会に、自分に満足していない精神科医がいた。彼の仕事は、自分を不幸だと思い込んでいる患者の話を聞くことだ。患者の多くは何不自由のない生活をしている人々。悩みのたねは、今よりももっといい仕事、もっと相性のいい相手、もっと別の人生があるのではないかという不満だった。いつのまにやら精神科医自身、なんだか自分の人生がつまらなく思えてきた。ある日彼は、患者のひとりだった女占い師のひと言で、「幸福とはなにか?」を求めて旅に出る決心をする。世界のあらゆる地域の人々の生活や考え方に接し、とんだハプニングに巻き込まれながら、精神科医は小さなヒントを次々と見つけて手帳に記していく。果たして彼は幸福を手に入れることができるのか?

サイモン・ペッグがピーター・チェルソム監督の「Hector and the Search for Happiness」に出演する模様。
フランソワ・ルロールのベストセラーをチェルソムとTinker Lindsay が脚色。

原作 幸福はどこにある―精神科医へクトールの旅 フランソワ・ルロール(著) NHK出版
[PR]

by hamchu | 2012-05-22 13:04 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15374594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ピーター・ウィアー、「...      【映画】ローレンス・ブロックの... >>