2012年 05月 25日

【映画】マチュー・アマルリックがスタンダールの「赤と黒」を映画化


ナポレオン没落後、武勲による立身の望みを失った貧しい青年ジュリアン・ソレルが、僧侶階級に身を投じ、その才智と美貌とで貴族階級に食い入って、野望のためにいかに戦いそして恋したか。

マチュー・アマルリックがスタンダールの古典小説「赤と黒」を映画化する模様。

ヤエル・フォギエルとレティシア・ゴンザレスが制作、アマルリックは脚色も担当、タイトルは未定。

原作
赤と黒(上) スタンダール / / 岩波書店
赤と黒(下) スタンダール / / 岩波書店

原作 おもな登場人物
ジュリアン・ソレル 
レナール夫人
レナール氏 
マチルド・ラ・モール 
ラ・モール侯 
デルヴィール夫人 
ピラール師
フェルヴァック夫人 
フリレール師 
エリザ レナール夫人の小間使 
スタニスワス・グザヴィエ 
ノルベール・ド・ラ・モール 
クロワズノワ侯爵
フーケ ジュリアンの友人 
シェラン師
アカデミシャン
タンボー 
[PR]

by hamchu | 2012-05-25 11:21 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15404248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】リュック・ベッソンの「...      【Trailer】グレート・ギ... >>