2012年 06月 26日

【BBC】「震えるスパイ」ドラマ化、ヘイリー・アトウェル、ルーファス・シーウェルらが出演


英国の大学院生ルースは、母親のサリーが命の危険を感じて書いたという手記を読み、驚愕した。母は本名をエヴァ・デレクトルスカヤといい、第二次大戦中は英国の諜報員として対独情報工作やアメリカを参戦させる作戦にも加わっていた。だがそこで彼女は死の危機に見舞われたのだった。そして1976年の今、母から依頼された調査を始め、ルースは驚くべき事実を知ることに。

前に制作予定(ヘイリー・アトウェル出演)ということだけは判明していたウイリアム・ボイド(William Boyd)の小説「震えるスパイ」を90分×2パートにドラマ化するBBCの「Restless」のキャストが判明。

ヘイリー・アトウェル、ルーファス・シーウェル、ミシェル・ドッカリー、マイケル・ガンボン、シャーロット・ランプリングとなかなかのキャストでこの夏に南アフリカ、英で撮影予定。

監督はエドワード・ホール、制作はヒラリー・ビーヴァン・ジョーンズ。

私はヘイリー・アトウェルは小説の語り手ルースなのかと思っていたのですが、違いましたわ~。彼女はキーキャラクターであるルースの母親(の若いころ)の役(笑)。
ヘイリー・アトウェルは「わたしはアンナ」でもシャーロット・ランプリングと共演していますな。

原作 震えるスパイ ウィリアム・ボイド(著) 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし ルース・ギルマーティン (ミシェル・ドッカリー)
サリー(エヴァ・テレクトルスカヤ) ルースの母 (ヘイリー・アトウェル、シャーロット・ランプリング)
コーリャ エヴァの弟
イレーヌ・アルジャントン エヴァの継母
セルゲイ・パヴロヴィッチ・デレクトルスキー エヴァの父
ルーカス・ローマ― (ルーファス・シーウェル、マイケル・ガンボン)
[PR]

by hamchu | 2012-06-26 12:25 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15642343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】アンバー・ハード、ジュ...      【映画】「アルケミスト 錬金術... >>