2012年 08月 02日

【映画】エイミー・バーグがローラ・リップマンの「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」を映画化


灼熱の太陽の下、放置された赤ん坊に出会った二人の少女。乳母車はしだいに熱を帯びるが、家族の姿はどこにも見あたらない。少女たちは赤ん坊を保護しようとその場から連れ去るのだが…。七年後、施設から出所した少女たちの“あの日”の記憶は曖昧だった。ひとつだけ確かなのは赤ん坊を殺してしまったこと。少女たちはなぜ殺害に至ったのか?そして、二人の身辺で新たに頻発する幼児連れ去り事件の悲しき真相とは?

「フロム・イーブル ~バチカンを震撼させた悪魔の神父~」のエイミー・バーグがローラ・リップマン(Laura Lippman)の小説を映画化する「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(Every Secret Thing)」を監督する模様。

出演はダイアン・レイン、脚色はニコール・ホロフセナー。
制作はアンソニー・ブレグマンとフランシス・マクドーマンド。

原作 あの日、少女たちは赤ん坊を殺した ローラ・リップマン(著) 早川書房
[PR]

by hamchu | 2012-08-02 08:08 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15893752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 映画・TV原作関連ニュース Q...      【映画】ダグ・リーマンがジャッ... >>