2012年 08月 04日

【映画】クリスチャン・ベイル、ボストン・テランの「暴力の教義」映画化出演について交渉中


1910年、メキシコ革命前夜。犯罪常習者のローボーンは武器を満載したトラックを強奪してひと儲けを企むが、あえなく捕縛されてしまう。弁護士の仲介で合衆国捜査局との取引が成立し、ローボーンは若き捜査官ルルドによるメキシコ情勢の内偵に同行することとなる。だが、実は二人には共有する過去があった…

クリスチャン・ベールがトッド・フィールド監督の「The Creed of Violence」出演について交渉中である模様。

原作はボストン・テランの今月後半に新潮文庫から刊行予定の「暴力の教義」
マイケル・デ・ルカ、ブライアン・オリヴァーがが製作で13年初期に制作開始予定。

【関連】
映画原作関連ニュース ロブ・ライナー、ジークフリート・レンツ、ボストン・テラン… 08年10月29日
映画原作関連ニュース トッド・フィールド、How to Talk to Girls、トム・スイフト 09年6月2日

原作 
The Creed of Violence Boston Teran (著)  Counterpoin
暴力の教義 ボストン・テラン(著)  新潮社
[PR]

by hamchu | 2012-08-04 12:56 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15907193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】「アジャストメント」の...      映画・TV原作関連ニュース 闇... >>