2012年 08月 15日

【映画】ウェントワース・ミラー、「エドガー・ソーテル物語」を脚色?


生まれつき声を持たず、手話だけで話す少年エドガー・ソーテルは、ウィスコンシン州北部の人里離れた農場で両親といっしょに暮らしていた。数世代にわたってソーテル家は、ある犬種の育種と訓練を行ってきた。思慮深く人に寄り添うその気質は、エドガーの生涯の友で、かたい絆で結ばれた犬アーモンディンに典型的にみてとれる。しかし、叔父のクロードの予期せぬ帰郷によって、ソーテル家の平穏な暮らしが乱されていく。
父の突然の死に打ちひしがれたエドガーは、その死にクロードがかかわっている事実をつきとめようとしてさらなる惨事を起こしてしまう。農場の向こうに広がる広大な森の中へと逃げることを余儀なくされたエドガーは、彼についてきた3匹の犬とともに生き続けようと奮闘し、大自然の中で否応なく成長していく…

「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーがデイヴィッド・ロブレスキー(David Wroblewski)の小説「エドガー・ソーテル物語(The Story of Edgar Sawtelle)」を脚色する?という話。

トム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマン、オプラ・ウィンフリー、ケイト・フォートが制作。

【関連】
映画原作関連ニュース The Story of Edgar Sawtelle、The Devils Double、Heist Society… 10年2月7日

原作 エドガー・ソーテル物語 デイヴィッド・ロブレスキー (著) NHK出版
[PR]

by hamchu | 2012-08-15 08:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/15970151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】トビー・マグワイア、「...      映画・TV原作関連ニュース F... >>