2012年 08月 24日

【BBC】ベンジャミン・ブラックの「ダブリンで死んだ娘」、「溺れる白鳥」ドラマ化へ


<聖家族病院>の病理医クワークは死体安置室の遺体にふと目を止めた。
救急車で運び込まれたクリスティーンという名の美しい女性で、死因は肺塞栓。
明らかに出産直後と見える若い女性が肺塞栓とは?
死亡診断書を書いた義兄の産婦人科マルの行動に不審を抱いたクワークは再び安置室を訪れる。
だが、遺体はすでに運びだされていた!(ダブリンで死んだ娘)

妻の死体を解剖しないでくれ―
久しぶりに会った学友ビリーの依頼は病理医クワークを戸惑わせた。
ビリーの妻ディアドラの全裸死体がダブリン湾から引き上げられたのはその日の朝だった。
明らかに自殺と警察も納得していた。
遺体に不審な注射跡と見つけたにもかかわらず、
ビリーへの同情からクワークは検死審問で嘘の証言をしてしまう。
自分の行為に納得いかず、一人でディアドラの過去を調べ始めたクワークの前には
美しい人妻のもうひとつの顔が!(溺れる白鳥)

BBC Oneはベンジャミン・ブラック(ジョン・バンヴィルの別名)のミステリー・シリーズ「Quirke」を3×90分にドラマ化、ガブリエル・バーンがクワーク役で出演する模様。

シリーズ中「ダブリンで死んだ娘(Christine Falls)」と「溺れる白鳥(The Silver Swan)」はアンドリュー・デイヴィスが脚色、「Elegy for April」はConor McPhersonが脚色。
撮影はダブリンで今年後半に行われる模様。

はじめの「ダブリンで死んだ娘」は「サリー・ロックハートの冒険/仮面の大富豪」、「ローマ警察殺人課アウレリオ・ゼン 3つの事件」のジョン・アレクサンダーが監督、Joan Egan、エド・ギニー、ジェシカ・ポープが制作総指揮。

いかにもBBCらしい企画ですな。
作者のバンヴィルは“I am very excited by the prospect of seeing my character Quirke incarnated by Gabriel Byrne, a perfect choice for the part. I know both Quirke and Benjamin Black will be wonderfully served by Andrew Davies and Conor McPherson, two masters of their craft."などとおっしゃってます。

原作
ダブリンで死んだ娘 ベンジャミン・ブラック(著) ランダムハウス講談社
溺れる白鳥 ベンジャミン・ブラック(著) ランダムハウス講談社
[PR]

by hamchu | 2012-08-24 22:08 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/16025620
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【HP・Trailer】COM...      【TV】カナダのSpace s... >>