2005年 01月 31日

全米映画興行収益 速報 05年1月31日(追記アリ)

a0000270_84957.jpg今週は初登場、ダコタ・ファニングとロバート・デニーロのスリラー「ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ」が1位に。
監督は「プール」(というか「SWIMFAN」)のジョン・ポルソン。ファムケ・ヤンセン、エリザベス・シュー、エイミー・アーヴィングも共演(ポスターの"COME OUT COME OUT WHATEVER YOU ARE"という赤い大きな文字が印象的)。

2位は先週首位の「Are We There Yet?」がワンランクダウン。
3位は公開劇場数が2000強に増加した「ミリオンダラー・ベイビー」が12位から大幅にジャンプアップ!

また、オスカーノミネート作品が発表された影響か、「アビエイター」が8位から6位へ、「サイドウェイ」が11位から7位へ(「サイドウェイ」は15週目にして劇場数が1000増え1694に!公開されてから1番多い?)。

もう1本の初登場、ゲームの映画化「アローン・イン・ザ・ダーク」はベスト12までに入ってません…(劇場数は2000オーバーなはずなんですが…評価もメタメタ。こりゃダメだ 笑)

1月28日-30日
1位 ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ $22M
2位 Are We There Yet? $17M
3位 ミリオンダラー・ベイビー $11.8M
4位 Coach Carter  $8M
5位 ミート・ザ・フォッカーズ $7.6M
6位 アビエイター $7.5M
7位 サイドウェイ $6.3M
8位 In Good Company  $6.2M
9位 レーシング・ストライプス $6M
10位 Assault on Precinct 13  $4.2M

2月4日からはホラー「Boogeyman」(監督は「追撃者」のスティーヴン・ケイ)、デブラ・メッシングとダーモット・マロニーのロマコメ「The Wedding Date」が拡大公開予定。
その他日本映画「誰も知らない」がNYで公開予定。

*2月1日 追記
結構数字が接近しているのでこれは危ないか?と思っていたら…(このごろこんなのばっかり)
確定した値では以下のように順位が変動。
4位 ミート・ザ・フォッカーズ
5位 Coach Carter

7位 レーシング・ストライプス
8位 サイドウェイ
9位 In Good Company

「アローン・イン・ザ・ダーク」はかろうじて12位にひっかかりました。
[PR]

by hamchu | 2005-01-31 09:19 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/1603978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【本】Dean Koontz&...      映画原作関連ニュース ヘッドライン >>