2005年 02月 01日

【本】Dean Koontz's Frankenstein 

米USAネットワークで昨年10月放送されたマーカス・ニスペル監督のTVM「フランケンシュタイン」
ホラー作家ディーン・R・クーンツがストーリーを担当との触れ込みで、当初は題名にもクーンツの名前が入っていました(「Dean Koontz's Frankenstein」)。
【海外TVの原作ニュース】ディーン・クーンツのフランケンシュタイン

ところが放送前、オフィシャルサイトが本格的にアクティヴになったとき、何故かクーンツの名前が消えていて(おまけにキャスト紹介はあるけど、スタッフ紹介はない?)、これは一体どうしたことか…???と思っていたら…

最終的にはクーンツの原案から主要部分がリライトされてTVMが出来上がった、という感じのようです。
(クーンツの公式サイトにアナウンスが。Dean Koontz

そしてクーンツの書いたオリジナルストーリーはシリーズモノになって書籍として登場。
題はやっぱり「Dean Koontz's Frankenstein」
既に出ている1巻目のサブタイトルは「Prodigal Son」
Co-authorとして名前が挙がっているのはケヴィン・J・アンダーソン。
この本、本来ならノベライズ的扱いをされるはずのものだったんでしょうが…(映画サイト等でこのごろこの本のバナー広告が出ているので見るたびにドキッとしちゃう。製作のゴタゴタは事情がわからず本当に何事があったかと思いますわ。ビックリするからやめて欲しい  笑)。
でもTVMと本、どんな違いがあるのかちょっと気になったりして…

Dean Koontz's Frankenstein: Prodigal Son : Book One (Frankenstein)
Dean Koontz Kevin J. Anderson Dean R. Koontz / Bantam Books (Mm)
[PR]

by hamchu | 2005-02-01 11:09 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/1608028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2005-07-21 13:46
DVDタイトル「デュカリオン」で8月5日発売・レンタル予定。何じゃ、デュカリオンって…


<< 【映画】「ボーン・スプレマシー...      全米映画興行収益 速報 05年... >>