2012年 09月 07日

【映画】ロザムンド・パイクとクリストファー・プラマー、「幸福はどこにある」に出演


ロザムンド・パイクとクリストファー・プラマーがサイモン・ペッグ主演、ピーター・チェルソム監督のコメディ「Hector and the Search For Happiness」に出演する模様。

原作はフランソワ・ルロールのベストセラー「幸福はどこにある―精神科医へクトールの旅」(私、この本好きなんですよね。映画も主人公サイモン・ペッグだし、かなーりいいと思んだけどなあ 笑)

ロザムンド・パイクはヘクトール(サイモン・ペッグ)の恋人クララ、プラマーは幸福学を研究している教授の役らしいです。
撮影は13年1月に開始予定。

【関連】
【映画】サイモン・ペッグがフランソワ・ルロールのベストセラー映画化に出演 12年5月22日

原作 幸福はどこにある―精神科医へクトールの旅 フランソワ・ルロール(著) NHK出版

原作 おもな登場人物
ヘクトール 精神科医
マダム・イリナ 占い師
クララ ヘクトールの恋人
シャルル
エドワール 銀行家
イン・リー
マリー=ルイーズ 精神科医
ジャン=ミッチェル
マルセル
エドワルド
イシドール
ネストール
ジャミラ
アニエス 友だち
アラン アニエスの夫
ロザリン
ジョン教授
ルパート
[PR]

by hamchu | 2012-09-07 11:15 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/16128091
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kristin at 2012-09-21 19:24 x
この記事を読んで、本借りて読みました。ほのぼのした主人公がいいですなあ。サイモン・ペグでOK^^。中国の恋人イン・リーはチャン・ツイィーのイメージですがもっと若い女優でしょうかね。ツイィー、今いずこ。
Commented by hamchu at 2012-09-22 16:23
「若き精神科医エクトールの「愛の秘密」を探る旅 」になるとちょっとやりすぎかな、と思うんですが(“飲むだけで相手を愛することができる”薬って 笑)、こちらもどこかで見たようなコメディになりそうだったり。

チャン・ツイィー、好きです~このごろ見ないですね。
でもエドワード・ズウィック監督の万里の長城映画に出る、と見たような。


<< 【映画】ブルース・ウィリス、「...      【映画】マックス・ミンゲラ、ダ... >>