2005年 02月 14日

全米映画興行収益 速報 05年2月14日(追記アリ)

今週は初登場ウィル・スミス主演のロマコメ「Hitch」が$45.3Mで首位をゲット。監督は「メラニーは行く!」のアンディ・テナント(てれとでたまにやるオルセン姉妹の未公開「ひとりっ娘2」の監督もこの人)。

2位は先週1位の「Boogeyman」がワンランクダウン、3位は「Are We There Yet?」で変わらず、平日が好調?な「ミリオンダラー・ベイビー」が1つ上げて4位。
初登場のアニメ「Pooh's Heffalump Movie」は5位スタートとなりました。

a0000270_756728.jpga0000270_7562021.jpgグリンダ・チャーダ監督、アイシュワリヤー・ラーイのボリウッド版「高慢と偏見」、「Bride and Prejudice」は32館で$388,000(1館のアベレージは$12,125)。「Inside Deep Throat」は12館で$91,000。

2月11日-13日
1位 Hitch $45.3M
2位 Boogeyman $10.8M
3位 Are We There Yet? $8.5M
4位 ミリオンダラー・ベイビー $7.6M
5位 Pooh's Heffalump Movie $6M
6位 The Wedding Date $5.6M
7位 ハイド アンド シーク 暗闇のかくれんぼ  $5.55M
8位 サイドウェイ $4.8M
9位 アビエイター $4.6M
10位 ミート・ザ・フォッカーズ $3.4M

18日からはキアヌ・リーヴス主演の「コンスタンティン」(日本ではGW公開?)、ジェイミー・ケネディ、アラン・カミングの「マスク2」、ケイト・ディカミロの児童書を映画化したファミリームービー「Because of Winn-Dixie」が拡大公開予定。
その他、アカデミー賞の外国語映画賞部門にノミネートされたオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督のヒトラーモノ「Downfall」がNY限定公開予定。

表紙 高慢と偏見 上・下 ちくま文庫(筑摩書房)

ライフログ
高慢と偏見 上 ちくま文庫 お 42-1 ジェイン・オースティン 中野 康司 / 筑摩書房
高慢と偏見 下 ちくま文庫 お 42-2 ジェイン・オースティン 中野 康司 / 筑摩書房

*2月15日 追記
確定により8位と9位が逆転。「アビエイター」が$4.7Mで8位。「サイドウェイ」が$4.5Mで9位。
「Bride and Prejudice」は20位、「マッハ!」は387館で17位。
[PR]

by hamchu | 2005-02-14 09:32 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/1652309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from シカゴ発 映画の精神医学 at 2005-02-17 02:31
タイトル : ヒッチ
2月11日アメリカ公開    「ヒッチ」英語版オフィシャル・ページ    アメリカ人というのは、おもしろい映画を察知する能力に、どうしてこうもたけているのだろうか。これだけは、いつも感心する。ウィル・スミス主演のラブコメディ「ヒッチ」を公開翌日に見に行... more


<< 【映画】ヘイデン・クリステンセ...      映画原作関連ニュース ヘッドライン >>