2012年 11月 10日

ロレンツォ・ディボナヴェンチュラとデヴィッド・ゴイヤー、「ザ・ブリーチ」を映画化


恋人を殺した男と両親に復讐し、服役していた元刑事のトラビス。15年ぶりに出所し、アラスカ・ブルックス山脈への旅へと出かけた彼は、山中で墜落したジェット機を目撃する。機内には、大統領夫人を含む13人の遺体と、「ブリーチ出現物:第0247号ーーウィスパー」と書かれた金属製の立方体の物体があった。大統領夫人が握っていたメモには、発見者のメッセージとともに「タンジェント」のメンバー2人が人質に取られたことが記されていた。外に出ると、人質の若い女性ペイジが父親の前で壮絶な拷問を受けていた。ペイジを助けたトラビスは、「ブリーチ」は科学技術の源泉のようなものであり、それを護り制御するのが「タンジェント」の仕事であること、かつて「ブリーチ」の出現物3点を持って逃走した元「タンジェント」のメンバー・ピルグリムが結成した反対組織が、出現物のひとつで人類を滅亡へと導く「ウィスパー」を探していることを知る。反対組織の暴走を止めるため、ペイジとともにピルグリムの活動拠点チューリッヒに向かったトラビスを待ち受けていたものとは…

ロレンツォ・ディボナヴェンチュラとデヴィッド・ゴイヤーがパトリック・リー(Patrick Lee )のスリラー小説「ザ・ブリーチ(The Breach)」を映画化する模様。

Justin Rhodesが脚色予定、ゴイヤーは今回は監督しないようですが、そのうちもしかしたら~?ということはあるのかも(と元ネタに書いてある 笑)。

原作 THE BREACH パトリック・リー 小学館
[PR]

by hamchu | 2012-11-10 14:37 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/16771527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2013-09-11 16:02
「ゴーストカントリー」ときて「ディープスカイ」で完結。
ロレンツォ・ディボナヴェンチュラも企画いっぱい持ってるし(笑)。


<< 【Trailer】Warm B...      【Trailer】World ... >>