2012年 12月 28日

【HP・Trailer】Night Train to Lisbon リスボンへの夜行列車


古典文献学の教師ライムント・グレゴリウス。五十七歳。ラテン語、ギリシア語、ヘブライ語に精通し、十人以上の生徒と同時にチェスを指せる男。同僚や生徒から畏敬される存在。人生に不満はない―彼はそう思っていた、あの日までは。学校へと向かういつもの道すがら、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする謎めいた女に出会った。ポルトガル人の女。彼女との奇妙な邂逅、そしてアマデウ・デ・プラドなる作家の心揺さぶる著作の発見をきっかけに、グレゴリウスはそれまでの人生をすべて捨てさるのだった。彼は何かに取り憑かれたように、リスボンへの夜行列車に飛び乗る―。

パスカル・メルシエの(哲学小説?)「リスボンへの夜行列車」をビレ・アウグスト監督がシブ~イキャストで映画化した「Night Train to Lisbon」のオフィシャルサイト、Trailer。
http://www.nighttrain-film.com/

わ~これ、いいわ~(笑)。
独、スイスでは2月に公開予定。日本では劇場公開されるでしょうか。


Night Train to Lisbon 13年スイス・ポルトガル
監督:ビレ・アウグスト
脚本:Ulrich Herrmann、グレッグ・ラター
制作総指揮:Daniel Baur、Kevin Scott Frakes、Oliver Simon
制作:Ana Costa、マイケル・レーマン、カースティン・ラムケほか
音楽:アネッテ・フォックス
撮影:Filip Zumbrunn
原作:リスボンへの夜行列車  パスカル・メルシエ 早川書房
出演:ジェレミー・アイアンズ、クリストファー・リー、ジャック・ハストン、レナ・オリン、シャーロット・ランプリング、ブルーノ・ガンツ

【関連】
映画原作関連ニュース Night Train to Lisbon、La Tete en friche、Netherland 09年9月23日
映画原作関連ニュース タイ・バーレル、ヴィクター・ヌネッツ、ビレ・アウグスト、オプラ・ウィンフリー 10年5月17日
映画原作関連ニュース ジェラルド・A・ブラウン、ジェレミー・アイアンズ… 11年7月16日

原作 おもな登場人物
ライムント・グレゴリウス(ムンドゥス) (ジェレミー・アイアンズ)
アマデウ・イナシオ・デ・アルメイダ・プラド (ジャック・ハストン)
ケーギ ギムナジウム校長(ヴェルナー) (Hanspeter Muller)

ジョゼ・アンドニオ・ダ・シルヴェイラ (ニコラウ・ブレイネ)
マリアナ・コンセイソン・エッサ 医師 (マルティナ・ゲデック)

アレシャンドル・オラシオ・デ・アルメイダ・プラド 判事
マリア・ピエタージ・レイス・デ・プラド (Helena Afonso)
アドリアーナ・ソレタージ (ベアトリス・バタルダ、シャーロット・ランプリング)
ルイ・ルイス・メンデス (アドリアーノ・ルース)

バルトメロウ・ロウレンソ・デ・グスマン神父 (Filipe Vargas、クリストファー・リー)
ジョルジュ・オケリー (アウグスト・ディール、ブルーノ・ガンツ)
エステファニア・エスピノーザ (メラニー・ロラン、レナ・オリン)
ナタリー・ルビン (Dominique Devenport)
クロティルデ (Jane Thorne)
[PR]

by hamchu | 2012-12-28 09:40 | Trailer・HP | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17057556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kristin at 2012-12-28 20:08 x
ほんとだ~いいわ~(笑)。オフィシャルサイトのギャラリーコーナーを見ても味わい深そう。
まずは原作をあたってみます!「フランス組曲」も読まねば。
はむちゅうさん 一年おつかれさまでした。来年もどうぞよろしくお願いします。チェシャ猫さんもよろしくどうぞ♪
Commented by hamchu at 2012-12-31 12:39
これ、やっぱりいいですよね。オフィシャルサイトがあるのを見つけたとき、この記事で今年を締めようと密かに狙っていたりして(笑)。
「フランス組曲」の映画化の話はロナルド・ハーウッド脚色とかいって06年に記事にしていたりするんですがその後どうなったのかしら…しかし、本が日本語になるまでに時間がかかりましたね(映画化するなら今じゃ~)。

というわけで?今年も残すところあと1日。kristinさん、今年もお世話になりました。来年もなにとぞよろしくお願いいたします。
Commented by k_hankichi at 2013-03-10 15:28
読んだ方のコメントを探していましたら突き当たりました。始めまして。私も小説を今日、読み終え、是非、この作品を観たいと思いました。
Commented by hamchu at 2013-03-14 15:40
hankichiさま、こんにちは、はじめまして。
この作品、キャスティングを見たときからよさげな企画だと思っていたのですが、実際のTrailerを見たらもう、うわ~っと(笑)。
このところこういった作品を上映するミニシアターが少なくなったのが寂しい限りです。
Commented by hamchu at 2014-06-12 01:39
邦題「リスボンに誘われて」は私的にはダメダメ。そんな軽い感じじゃないでしょ~
Commented by チェシャ猫 at 2014-06-12 09:14 x
「冥想のリスボン」いよいよ入ってくるんですねえ♫
Commented by kristin at 2014-06-12 21:25 x
確かに「リスボンに誘われて」じゃ ヨーロッパ観光色ありありコメディをイメージしてしまいますね(苦笑)。
私もその後原作を読みました。DVDスルーにはならなくてよかった。地方でも公開してくれるとうれしいな。
Commented by hamchu at 2014-06-16 00:37
公開は秋みたいですよね。
公開はうれしいんですが、どうしても誘われちゃってる感じじゃなくて(笑)。公式サイト見てもミスリード狙ってる?ってあまりにもうがった見方でしょうか。


<< 今年も1年、ありがとうございました      未公開作品 DVD YOU a... >>