2013年 02月 02日

【映画】マーク・ウォーターズが「ヴァンパイア・アカデミー」映画版を監督


ローズとリサは強い絆で結ばれたヴァンパイア。2人は身分を隠し長い逃亡生活を続けていたが、ヴァンパイア一族”モロイ”を守るために設立された聖ウラジーミル学園に捕まってしまう。”モロイ”の王族であるリサを保護するためだった。また、ローズがリサと特別な力で結ばれていることを見抜いた学園のディミトリ教官は、ローズを一流の”ガーディアン”に育成すべく、彼女も保護し、特別に指導を始めることに。
厳しい学園生活が始まってまもなく、安全なはずの学園内にもかかわらず、リサの周囲で不気味な事件が頻発する。特別な絆の力で何度もピンチを救うローズとディミトリだが、犯人の手がかりは皆無。犯人の正体とその狙いとは…

「スパイダーウィックの謎」のマーク・ウォーターズがリシェル・ミード(Richelle Mead)のベストセラーYA「ヴァンパイア・アカデミー」シリーズの第一作目を映画化する「Blood Sisters」を監督する模様。

ゾーイ・ドゥイッチ(ローズ)、Lucy Fry(リサ)、Danila Kozlovski(ディミトリ)が出演、ドン・マーフィ、スーザン・モントフォードが制作。
監督の兄弟Dan Watersが脚色、初夏から制作開始予定。

原作 ヴァンパイア アカデミー 1  リシェル・ミード ソフトバンククリエイティブ
[PR]

by hamchu | 2013-02-02 14:18 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17251177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】リリー・コリンズとサム...      【映画】エリカ・ジョングの「飛... >>