2013年 02月 07日

【映画】「ベルファストの12人の亡霊」、ピアース・ブロスナン出演で映画化へ?


かつて北アイルランド共和派のテロ実行役として恐れられたフィーガンは、和平合意後、酒に溺れる日々を送っていた。彼を悩ませるのは、常につきまとって離れない12人の亡霊。すべてテロの犠牲者だった。その苦しみから逃れるため、フィーガンは亡霊たちが指差すままに、テロ工作の指令を出した昔の指導者や仲間をひとり、またひとりと殺していくしかなかった。彼の不可解な連続殺人が、危うく保たれていた各勢力の均衡に大きな亀裂を生じさせることに!

スチュアート・ネヴィル(Stuart Neville)の小説「ベルファストの12人の亡霊(The Twelve又はGhosts of Belfast)」が映画化、「Last Man Out」というタイトルでピアース・ブロスナンが出演する模様。

クレイグ・ファーガソン、Ted Mulkerinが脚色、テリー・ローンが監督。
ファーガソン、スティーヴ・クラーク=ホール、ボー・セント・クレア、Rebecca Tucker、ジョナサン・ローラン制作で13年後半に撮影予定。

権利を持っている…ということだけどこかに記載されていたクレイグ・ファーガソン、下の記事では「どなた?」ってな扱いでの登場でしたが、「The Late Late Show with Craig Ferguson」のホスト、「ヒックとドラゴン」なんかで声優さんやってたり「キック・アス」に出ている人、でいいのかな?
いや、この人なんでこの本の権利持ってるのか全然背景とかわからなかったんだもん。

【関連】
このミス 11年版 海外編 映像化・映像化予定作品 10年12月11日

原作 ベルファストの12人の亡霊  スチュアート・ネヴィル 武田ランダムハウスジャパン
[PR]

by hamchu | 2013-02-07 12:23 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17278093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ダコタ・ファニングとD...      【映画】コリン・ファース、「わ... >>