2013年 03月 26日

【映画】ニコス・カザンザキスの「キリストはふたたび十字架に」映画化へ


トルコの役人アガスが支配するリコブリシ村は、ちょうど復活祭の火曜日でにぎわっている。長老会は、七年ごとにキリスト受難劇を上演する村の慣わしにより、その配役を選んで発表した。キリスト役には羊飼いマノリオス、使徒ヨハネ役には村長の息子ミヘリス、ペテロ役には行商人ヤナコス、ヤコブ役には居酒屋の主人コスタンディス、マグダラのマリア役には寡婦カテリーナ、そしてキリストを売ったユダ役には馬具屋のパナヨタロスが選ばれた。その日の夕方、トルコ軍に村を焼き払われて逃れてきた、フォティス司祭率いるギリシャ人難民の一団が村に庇護を求めて現われたことから、村に亀裂が生じる…

Grindstone Picturesはニコス・カザンザキス(Nikos Kazantzakis)の「キリストはふたたび十字架に(Christ Recrucified)」の権利を取得、Vincent Miller が制作で映画化予定。

何やら舞台は現代のメキシコ、タイトルは「Christ Is Risen」になる模様。

原作 
キリストはふたたび十字架に〈上〉 ニコス カザンザキス 恒文社
キリストはふたたび十字架に〈下〉 ニコス カザンザキス 恒文社
[PR]

by hamchu | 2013-03-26 13:12 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17513886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】「レベッカ」リメイク版...      未公開作品 DVD Bo 堕ち... >>