2013年 04月 23日

【映画】ウィリアム・ポール・ヤングの「神の小屋」、映画化へ


平凡な日常を送る50代の男性、マック。その最愛の末娘ミッシーが休日のキャンプ中に誘拐され、数時間後、オレゴンの荒野の廃れた小屋で血に染まった彼女のドレスが発見される。残されたテントウムシのピンから連続殺人犯の凶行であることは間違いなかった。四年後、ミッシーの遺体さえ見つけられず「大いなる嘆き」から抜け出すことができないマックへ、「あの小屋へ来ないか」という奇妙な招待状が届く。悩んだあげくにマックは意を決し、一人でその小屋に向かう。そこで待っていたのは、人生を変える「神との体験」だった…

Summit Entertainmentはウィリアム・ポール・ヤング(William Paul Young)のベストセラー「神の小屋(The Shack)」の映画化権を取得、ギル・ネッター制作で映画化予定。

原作 神の小屋 ウィリアム・ポール・ヤング (著) サンマーク出版
[PR]

by hamchu | 2013-04-23 12:22 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17668510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】マーカス・セイキーの小...      イタリア映画祭 2013 原作... >>