2013年 05月 03日

【映画】チャック・ホーガンの「流刑の街」映画化、ジョー・カーナハンが監督?


ボストンの駐車場で夜間警備員として働く、若きイラク帰還兵メイヴン。ある晩、強盗に襲われた彼は、反撃のすえ相手を殺しかけてしまう。その翌日、メイヴンは一人の美しい女からある人物に連絡するよう伝言を受ける。メイヴンを待っていたのは元軍人だという謎めいた男ロイス。彼はメイヴンに自分のチームで働かないかと言ってきた。除隊後鬱屈した日々を送るメイヴンのような男たちを集め、麻薬組織を襲撃して街を浄化すること―それがロイスの“仕事”だった。戦場を思い起こさせる仲間たちとの絆と多額の報酬、すべては完璧に思えた。ある日歯車が狂いだし、街に血が流れ始めるまでは…。

ジョー・カーナハンがチャック・ホーガン(Chuck Hogan)の犯罪小説「流刑の街(Devils in Exile)」を映画化する「Sugar Bandits」監督として交渉中である模様。

マーク・シュミューガーとトム・マクナルティが制作、Richard Abateが制作総指揮。

チャック・ホーガンの作品といえばギレルモ・デル・トロと共著のストレインシリーズやベン・アフレック監督で映画化された「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」などがありますが、私はこの作品のほうが単純に好みかも(特に映画化された場合を考えると 笑)。
でも、映像で見るにはいや~な感じの場面もいっぱいあるな~(レイティング的にはカットでしょうか?)しかし、ドン・ウィンズロウの「犬の力」映画版を見に行くにはちょっと気合が入りそうなんですが(気分的に)、こっちはどんな時でも大丈夫そうかな?(いったい何を基準に… 笑)

【関連】
映画原作関連ニュース The DUFF、Pillage、Devils in Exile… 10年6月3日

原作 流刑の街 (ヴィレッジブックス) チャック・ホーガン ヴィレッジブックス

原作 おもな登場人物
ニール・メイヴン イラク帰還兵
ダニエル・ヴェッティ(ダニー) ロイスの恋人
リッキー・ブライ メイヴンの友人
ブラッド・ロイス 
カリート・スアレス ロイスの部下
ジミー・グレイド ロイスの部下
ルイス・テルミノ ロイスの右腕、元ボクサー
マーカス・ラッシュ DEA捜査官
ローズランド・ダグラス・ラッシュ(ロージー) ラッシュの息子
トリッキー・トレイ(本名パトリック・モロンドル) ラッシュの情報屋
ブロードハウス
サマラ・バハール ボストン大学卒業生
ドリーン ダニーの妹
アーネスト・ロッカーティ
ミスター・リロイ ジャマイカ人
ミスター・ムードル
ジョン・クラション
[PR]

by hamchu | 2013-05-03 09:22 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17724400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】「ユダヤ人を救った動物...      【TV】コリー・ストールとのケ... >>