2013年 05月 06日

【映画】Reliance Entertainment、クリスティン・カショアの「剣姫―グレイスリング」映画化権を取得


左右違う色の瞳を持ち、賜とよばれる超人的な才能に秀でた者が産まれる世界。なかでも殺しの賜を持つミットランズのカーツァ姫は、王の暗殺者として恐れられている。だが彼女はその陰で秘密組織を作り、弱き人々を助けていた。あるとき拉致されたリーニッド王父を救出し、王子ポオとともに誘拐の黒幕を探るうち、カーツァは忌まわしき陰謀の存在を知る―

Reliance Entertainmentはクリスティン・カショア(Kristin Cashore)のベストセラーファンタジー「剣姫―グレイスリング(Graceling)」の映画化権を取得した模様。

ディーパック・ナヤール、Tabrez Noorani、Leigh Ann Burtonが制作、「聖トリニアンズ女学院 史上最強!?不良女子校生の華麗なる強奪作戦 」のピアーズ・アシュワースが脚色。

原作 剣姫―グレイスリング (ハヤカワ文庫 FT カ 6-1) クリスティン・カショア 早川書房

原作 おもな登場人物
カーツァ姫
オール 王の近衛隊長
ギドン 廷臣の領主
ラフィン王子
ランダ国王 ミッドランズ国王
ロール王 リーニッド国王
ティーリフ ロール王の父
レック モンシー王
アッシェン モンシー王妃、ロールの妹
ムルゴン サンダー王
ヘルダ
ポオ リーニッド王子
バン
ベルトル オールの妻
ビターブルー レック王の娘
スカイ ポオの兄
[PR]

by hamchu | 2013-05-06 13:10 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17740650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TVM】HBO、「オリーヴ・...      映画原作関連ニュース アンドレ... >>