2013年 05月 09日

【映画】「ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験」映画化、ロバートレッドフォードが監督へ


アパラチア自然歩道は、アメリカ東部のジョージア州からメイン州まで3500キロに渡る、連続した自然歩道としては世界最長のものである。途中、グレート・スモーキー・マウンテンズ、シェナンドア国立公園などアメリカ有数の景勝地を通るが、その険しさゆえに全行程を踏破する人間は年間300人に満たない。勇躍して出発したブライソンと、モーテルでX‐ファイルを見るのが唯一の楽しみというカッツの前途に待ちうけていたものは…。

かなり以前から映画化の話があったビル・ブライソン(Bill Bryson)の「ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く(A Walk in the Woods: Rediscovering America on the Appalachian Trail)」ですが、ロバート・レッドフォードが監督、ニック・ノルティと出演、という話が登場!

ジェイ・スターン、チップ・ディギンス、Russell Levineが制作、撮影は夏から行われる予定。
さて、今度は実現するのかどうか…

【関連】
【映画】ポール・ニューマン最後の映画? 05年3月20日

原作 ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く ビル・ブライソン 中央公論新社
[PR]

by hamchu | 2013-05-09 13:03 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/17758796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【BBC】ウインストン・グレア...      【映画】「復讐する海 捕鯨船エ... >>