2013年 08月 12日

【映画】アーバン・ウェイトの「訣別のトリガー」映画化へ


これで全てが終わるはずだった―。組織のヒットマン、レイ・ラマー。妻と息子を乗せた車が“事故"に遭い、妻は死亡、息子は耳が不自由に。彼は大仕事を最後に、足を洗う決意をする。麻薬シンジケートに狙いをつけるが、若い相棒が銃撃戦の末、一人を逃がしてしまう。レイは逃げた男を始末すべく後を追う。生かしておけば息子が危ない。家族を守るために殺しを続けざるを得ないのか。

Andrew Laurenがアーバン・ウェイト(Urban Waite)の小説「訣別のトリガー(The Carrion Birds)」の映画化権を取得した模様。

原作 訣別のトリガー (新潮文庫) アーバン・ウェイト 新潮社
[PR]

by hamchu | 2013-08-12 15:15 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hamchu.exblog.jp/tb/18341851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【Trailer】How I ...      【映画】「こころのチキンスープ... >>